まだまだございます9月の夜の帳情報!

こんにちは。気が付けばELEVEN.OPEN AIR及び秘境祭が終わり9月も半ばに差し掛かろうとしている昨今、今宵も早速夜の帳情報をお届けさせて頂くの心です!ドーン!


HELLO FUTURE @ KALAKUTA DISCO
tumblr_inline_ovhd5to3721r2axy4_500.jpg
2017.09.15.Fri HELLO FUTURE @ KALAKUTA DISCO
DJs:
HATTORI (PIGEON RECORDS / BLACK CREAM)
TANAKADISCO (CISCO)
TOSMAN (LOS MANTOS)


まずは今週金曜日のHELLO FUTURE!セイント先生、タナカディスコ君、トスマンさんという布陣で開催です!

お次は今月のBC!


BLACK CREAM feat. HIKARU -Blast Head-
20170923BCa.jpg
2017.09.23.Sat BC feat. HIKARU @ CLUB MAGO
DJs: HIKARU (Blast Head) & BLACK CREAM DJs

HIKARU -Blast Head-
大規模な野外フェスティバルや、大バコで海外アーティストのサポートからアンダーグラウンド・パーティーまで、どんな現場でもこなしてしまう現在最もパーティ・シーンから厚く信頼されるDJだ。ダブ、レゲエ、ヒップホップ、ソウル、ファンク、ディスコ、ブレイクビーツ、ハウス、テクノ、ジャズ、ロック、アンビエント、様々なワールド・ミュージック等々、「フリー・フォームを超えたフリー・フォーム」と云われるほどの自由な在り方で、古今東西縦横無尽にジャンルを超えてオール・ミックス。独自の解釈でいとも自然に混ぜ合わせ、聴く者を引き込んで行ってしまう彼のプレイは誰にも真似出来ない。当然その音楽性は浅く広い訳ではなく、「深く広い」!


今月のBCは新作ミックスCD「from 浮島$treet$」をSMR RECORDSからリリースしたばかりのDJ HIKARUさんがご降臨!HIKARUさんがBCにご降臨されるのは2014年以来なので久々ですね!ファンの皆の衆は限界を超えて堪能しておくんなまし!

さらに翌週もえらいことになってます!


EMMA HOUSE
20170930EMMAHOUSEa.jpg
2017.09.30.Sat EMMA HOUSE @ CLUB MAGO
DJs:
DJ EMMA (NITELIST MUSIC)
DJ HATTORI (pigeon records)

2nd ROOM
DJs:
bill-pill
SHINGO
ayapan_dj
GOEMON

DJ EMMA -NITELIST MUSIC-
1985年よりDJを始め、東京各所のナイトクラブで数々のパーティーを成功させる。1994年に「GOLD」と契約。クローズするまでレジデンスとして活躍、そのアグレッシブなプレイによって土曜日をまとめあげ、東京中の遊び人(ナイトリスト)たちに決定的な存在感を知らしめた。1995年にはDJプレイに留まらず音楽制作を開始。川内タロウと共に「MALAWI ROCKS」を結成する。同年NIGHTGROOVEより発売された12inchシングル”Music Is My Flower”が世界的ヒットを果たす。同じく95年から発売され、日本を代表するMIX CDとなった「EMMA HOUSE」は、24bitマスタリングというMIX CDの枠を超えた徹底的な音作りとダンスフロアの雰囲気を閉じ込めた作品として好セールスを記録し過去に19枚リリースされている。2014年新たな活動を始めたNITELIST MUSICから、日本発のACID HOUSE “ACID CITY”を発売。HEARTBEATから2年連続リリースとなったMix CD “MIXED BY DJ EMMA vol.2″と共にダブルリリースツアーを全国15ヶ所で行う。常にダンスフロアとHOUSE MUSICを中心に新しい音楽を最高の技術でプレイし続けるスタイルはKING OF HOUSEと呼ばれる。2016年10月26日には活動30周年を記念したEMMA HOUSE XX 30th Anniversaryをユニバーサルミュージックよりリリース。現在もDJ及びプロデューサーとして精力的に活躍中。


なんとEMMA HOUSEにセイント先生がご降臨!これはファンの皆の衆は突破してフロンティアへ到達後にカタルシスを迎えられること必至!最高な一夜になることは想像に難くないので楽しんできちゃってちょーだいませませー!

なお10月に突入したら毎年恒例セイント先生シャンラジ遠征もございますのでお楽しみに!

それでは今日の一曲はこちら!



ジョンピー!

by SBT

9月はeleven.と秘境祭がございますぞえー!

こんにちは。早速ですが9月のヤガイ情報をお届けさせておくんなまし!まずは2015年に開催されて以来2年振りの開催となるeleven.ですじゃ!ドーン!


ELEVEN.OPEN AIR
img378_eleven0902.jpg
2017.09.02.Sat-03.Sun ELEVEN.@ PETERPAN CAMP SITE MIE
DJ NOBU, WATA IGARASHI, RYO MURAKAMI(LIVE), TAKAAKI ITOH, HARUKA, ENA, MYSTICA TRIBE(LIVE), Shhhhh, RYOSUKE & MORE

オフィシャルサイトはコチラです。
ADV TICKETはコチラでご購入いただけます。


翌週は今年で10年目の開催となる秘境祭!なんとセイント先生もご降臨されますぞえー!


秘境祭 2017
2017090910.jpg
2017.09.09.Sat-10.Sun 秘境祭 2017 @ 山梨県 玉川キャンプ村
出演者などの詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。


ギギギ、2週連続で最高なヤガイが楽しめる皆の衆は幸せ者じゃー!思う存分楽しんできておくんなまし!

それでは今日の一曲はこちら!



ジョンピー!

by SBT

8月のBCはZepherin Saintがご降臨!

こんにちは。早速ですが、本日8月8日と言えば・・・・・・ご明察!当店のオープン記念日でございます!今年で何と10周年!服部さん、ヒロミさん、10周年おめでとうございます!これもひとえにいつもご愛顧頂いている皆様のお陰です。ありがとうございます!皆様、これからもPigeon Recordsをご愛顧頂けますよう宜しくお願いします!

お次は8月の夜の帳情報!早速ドーン!


BLACK CREAM feat. ZEPHERIN SAINT
jp-0826-999827-0-front - コピー
2017.08.26.Sat BC feat. ZEPHERIN SAINT @ CLUB MAGO
DJs: ZEPHERIN SAINT (TRIBE RECORDS / UK) & BLACK CREAM DJs

Zepherin Saint -Tribe Records-
ゼッフェリン・セイントは、現在のAfro / Soulful Houseにおいて最重要レーベル〈Tribe Records〉の共同創立者。UKにおいて最初のハウス・レーベルと評される〈Jack Tracks〉から87年にリリースされたBoyz In Shock Featuring Carol Leeming “Give Me Back Your Love”のプロデュースが彼の最初のリリース作品で、このとき若干17歳だった。ロンドンにおけるハウス専門店のパイオニア〈Black Market Records〉に19歳から8年間働き、Frankie Knuckles, Tony Humphries, David MoralesなどのトップDJの選盤や対話に触れることで、DJ / プロデューサーとしての感覚を高い水準で蓄えてゆく。09年に〈Tribe Records〉を始動。彼自身がプロデュースしたレーベル第一弾 Nathan Adams “Circles” がヒットとなり、一躍世界中のソウルフル・ハウス・リスナーの支持を獲得する。その後の多くのヒット作品や、Timmy Regisfordのアルバムなど信頼性の高いアーティストの採用、クオリティの安定したリリース作品などにより〈Tribe Records〉の地位が確立されていく。80年代からロンドンのハウス・シーンで活躍し、現在のAfro / Soulful house を牽引する彼の、オーガニックかつパワフルなDJを是非体験してもらいたい。


ロンドンのハウス・シーンの重鎮Zepherin SaintがミックスCD「the dub i lost...」のリリース・ツアーで来日、そしてBCにご降臨!当然セイント先生もご降臨につきハウス・ファンにとってもBCファンにとっても体験し逃せない夏の一夜になりそうですね!

それでは今日の一曲はこちら!



ジョンピー!

by SBT

夏だ!7月もセイント先生はえらいこっちゃ!

こんにちは。7月ですね。マイルド・トランスに浸った直後の私のカラダ・ココロ・シータマを私に探させてくれたプロマンの新作からヒロポンfeverに邂逅した昨今、記事を綴るべくメモを開くと次のような記述が目に入りました。「こんにちは。7月ですね。ついに2017年も夏を迎えたわけでございま 皆の衆ぴゃん 海に やとおう むむ?天から金言が聞こえた!これは僥倖!」意味が皆目わかりませんでした。というわけで、 皆の衆ぴゃん 海に やとおう むむ?天から金言が聞こえた!この機を逃さず連続!連続!連続夜の帳情報いっけぇー!ドーン!


BLACK CREAM
20170722BCa - コピー
2017.07.22.Sat BC @ CLUB MAGO
DJs: APOLLO, HATTORI & SE-1


まずはファンの皆の衆はお待ちかね、レギュラーBCでございます!今月は先月お休みだったセイント先生も居るということでファンの皆の衆は大喜びでございましょう!しかも!そう、しかも・・・翌週にはセイント先生ファンにとってはたまらない夜の帳が控えておるであろう!既成概念を破壊する新たなお導きが生じる蓋然性が高い夜の帳が待ち構えておるであろう!すなわち、詳細は以下でおまっしゃー!ウシャー!


HOUSE MUSIC ALL NIGHT LONG
img376_HouseMusicAllNightLong0729.jpg
2017.07.29.Sat HOUSE MUSIC ALL NIGHT LONG @ CLUB JB's
DJ: HATTORI (Pigeon Records)
LIGHITING: HAYAKAWA (No.6)

club JB’S×PIGEON RECORDSから真夏の夜に皆様へ贈り物です!
年末のTIMMY REGISFORDや昨年のDAVID MORALES、そして今年6月KENNY BOBIENでの感動的かつ情熱的なプレイでフロアを多幸感で満たしてくれたDJ HATTORIが、今宵は一晩をトータルコーディネート!


ギャオオオオー!セイント先生ワンナイト!これは一瞬たりとも見逃せませんぜ!7月の最終土曜日はコレでおキマろっしゃい!

他方!8月に突入し、またもやセイント先生が・・・セイント先生が!


DANNY KRIVIT JAPAN TOUR
img377_DannyKrivit.jpg
2017.08.04.Fri DANNY KRIVIT @ CLUB MAGO
DJs:
DANNY KRIVIT
HATTORI (Pigeon Records)

Danny Krivit -Body&SOUL/718sessions NY-
ダニー・クリヴィット。DJとしてのキャリアをスタートしてから今年で46年。1979年にRoxyのオープニングそしてメインDJを4年間務め、その後Studio 54、The Choice、The Loft、Shelter、Sound Factory Barといったその時代を象徴するクラブで活躍してきたが、96年から始まったパーティによってその名はNYを飛び越え世界中に広まった。それまでもMr.K名義で秀逸なリエディット作品を残してきた彼だが、デリック・メイのカヴァーに手を加えたSoul Central “Strings Of Life (Danny Krivit Re-Edit)”の爆発的ヒットで幅広い支持と知名度を獲得後、数多くのレコードやCDを発表。近年は45周年に関連するように7インチ盤(45回転)をリリースしたり、また7インチのみのDJセットをNYで披露し、大成功を収めている。新旧こだわらず、自分が惚れこんだ楽曲の魅力を(時にはエディットを施し)最大限に活かしてフロアに届けること。その姿勢はパラダイス・ガラージやロフトといった70年代から受け継がれてきた精神でもあるが、当時のサウンドを継承しつ現在集客的にも最も成功しているDJは、彼に他ならない。レジデントを務める<718sessions>はTime Out 2011年Best Partyに選出され、NYを代表するパーティとして多くのクラウドを魅了しており、それは彼自身の音楽への情熱と探究心が衰えていないことの何より証拠である。ダニー・クリヴィットはDJというアートフォームの一つの完成形であり、円熟期を迎えたいまだからこそ、あらためて彼のプレイをじっくりと堪能してもらいたい。


ディスコ・エディット・オリジネーターMr. KことDanny Krivitの“Most Excellent Mr K Edits”リリースツアー名古屋場所がMAGOにて開催されます!そしてなんとセイント先生もご降臨!これまた一瞬たりとも見逃せなさそうな一夜になりそうですぜ!さらに・・・翌日もMAGOは大変なことになっているのです!


CISCO feat. SHINGO SUWA
20170805CISCOa - コピー
2017.08.05.Sat CISCO @ CLUB MAGO
DJs:
SHINGO SUWA (Merkur Schallplatten / House Mannequin)
HATTORI (Pigeon Records)
TANAKADISCO
YUMA

CISCOLOUNGE:
WK, Tamachanmann, Chomen, Rakeshi

Shingo Suwa -Merkur Schallplatten/HouseMannequin-
2005年末にベルリンに拠点を移し、2008年に自身のレーベル“Merkur Schallplatten”をドイツ国内において気鋭のディストリビューター“Diamonds and Pearls Music”配給のもとで開始。12インチレコード限定300枚のみというスタイルで現在まで7枚のEPを発表する。又、AkiraHawksとのコンビでHOUSE/DISCOレーベル”House Mannequin”と”LoveComedyを運営している。控えめなプロモーションにも関わらず、欧州のクラブシーンを中心に徐々に認知されつつある。DJスタイルにおいてはテクノを基礎とし、シカゴ・デトロイトやニューヨークなどのUSハウスにミニマル、ダブ要素を加えたセットは現在の拠点、東ベルリンにおいて少しずつ評価を高めている。現在はレジデントを務めるButtons@about blank等ヨーロッパを中心に様々なパーティで活躍中。


7月にMARGARITAでAkirahawksがご降臨されたと思ったら8月はCISCOでShingo Suwaがご降臨!セイント先生もご降臨!・・・幸せシャじゃ・・・2ヶ月連続だったり2日連続だったり等で体験できる皆の衆は幸せシャじゃー!というわけで皆の衆、シータマを超越したものの髄まで楽しんじゃってちょーだいませませー!

それでは今日の一曲はこちら!



ジョンピー!

by SBT

大変だ!いよいよ今週末、セイント先生が!大変だ―!

こんにちは。Jerkface9000 feat Guidanceを経て、いよいよですね・・・学帽政チョイスでかつて我々をフロンティアへと導いてくれた学帽政のアニキが主宰するTOPGUNに我々のセイント先生とケンヤ軍団の長の顔もお持ちでいらっしゃるTraks BoysのK404さんがご降臨される日がいよいよ今週末へと迫っておりますね!ということで、壯志凌雲と書かれた潇洒なフライヤーを拝んで先ずは昇天といきましょうぞ!ドーン!


TOPGUN
20170624TOPGUNa - コピー
2017.06.24.Sat TOPGUN @ SHIBUYA KOARA
Guest DJs:
Hattori (Pigeon Records / Black Cream)
K404 (Traks Boys)
& TOPGUN DJs


この日は我々のフロンティアがシャイラ(創造)されること必至!
他方、名古屋ではBCがございます!今月はセイント先生はお休みですが、TOSHIYUKI GOTOさんがご降臨のスペシャル回!


BLACK CREAM feat. TOSHIYUKI GOTO
20170624BCa - コピー
2017.06.24.Sat BC feat. TOSHIYUKI GOTO @ CLUB MAGO
DJs: TOSHIYUKI GOTO, APOLLO & Se-1

TOSHIYUKI GOTO
80年代後期よりDJ活動をスタートし、91年単身渡米。94-96年、Party “AcmeDisco”(NYC)のDJとして活躍。96年には、FrancoisKのレーベルよりジャズキーボーディスト菊池雅章氏とのユニットMATO名義で、”Tribe” 、”Drifting”(WaveMusic NYC)で衝撃的なワールドヒットを放ち本格的に制作活動をスタートし、Toshiyuki Goto名義では、フルアルバム “Two-Way Traffic”を発表。その後も”progressivefunk “そして’07年には2ndアルバム”No Illusion”を発表。帰国後、西麻布YELLOW “Voyage” 代官山AIR “The Garden” また日本のみならず、CIELO (NYC)、CLUB SHELTER (NYC) ヨーロッパ各地でもDJプレイを行っている。’15年には韓国にて国際的建築家、安藤忠雄の教会レセプションパーティーの音楽を担当し、IBIZA (SPAIN)ではMI-BIZAのclosing partyでプレイを行う。現在は、青山Zeroにて”Sunday Afternoon”、Dj Bar Bridgeなどで精力的に活動する。


さらに7月に突入したらHouse MannequinのAkirahawksがご降臨されるMARGARITAがございまっせー!


MARGARITA
20170701MARGARITAa - コピー
2017.07.01.Sat MARGARITA @ CLUB MAGO
DJs:
Akirahawks (House Mannequin / from Berlin)
Hattori (Pigeon Records)
Tanakadisco (Cisco)
yuri-NSMR (Manos)

Akirahawks -House Mannequin/from Berlin-
エレクトロニック・ミュージックのメッカであるヨーロッパへと定住、ベルリンを拠点とし、著名なTresorやBerghain/Lab.oratoryといったインターナショナルなクラブ、そしてRon Hardyの再来とも称されベルリン地下を騒がせたシーンのカリスマMr. Ties主催の名物ナイトHomopatikといったローカル御用達のパーティーなど、様々なオーディエンスを巻き込みながら、スペーシーでファンキーなディスコ/ハウスのデカダンスを繰り広げる。またリエディットとしてもユニークな、相棒Shingo Suwaとのレーベル〈House Mannequin〉では、自身のDJプレイにも反映されるロウでオルタナティブなディスコ/ハウスをリリース、その中にはTakimi Mannequinとして瀧見憲司も参加。プロデューサーとしてはShingo SuwaとのプロジェクトLove Comedyでのリリースを始め、Mr.Tiesとのコラボレーションで〈Homopatik〉からもリリースを果たしている。ロンドン、パリ、ロッテルダム、東京など、国際的な活動を見せるも、ホームのベルリンでは普段はラインナップに載らないローカル・パーティーに出没する隠れた名DJとして知られている。


というわけで皆の衆、DON'T SLEEPな連続夜の帳でシャイラしちゃってちょーだいませませー!

それでは今日の一曲はこちら!



ジョンピー!

by SBT

大変だ!6月は、セイント先生が・・・セイント先生が!大変だー!

こんにちは。6月に入り、梅雨入りも致しまして、朝晩は少し、肌寒いですね。昨今、皆の衆は、服を着ることを怠ったりは、しておりませんでしょうか。ナヌ!?服を着ることを怠っている、ですと!?それは、風邪を、引いてしまいますぞ。ナヌ!?たとえ風邪をこじらせたとしても、服を着ることを怠ることが、大変だ、ですと!?フェッフェッフェッ!フェーッフェッフェッフェッ!ナヌ!?そんなことより6月の夜の帳情報が、大変だ!?それは、善は急げ、ですぞ!ドーン!


Dance Teria
20170609DANCETERIAb - コピー
2017.06.09.Fri Dance Teria @ CLUB MAGO
DJs:
WPS
Hattori
Senba
Michi

Dance Teria
久しぶりのダンステリアの開催です。今回は僕らが久しぶりに集まりマーゴでみんなでklipschornを奏でます。WpsとMagoのシステムを使い、いい環境を創りたいと思います。black creamのDJ Hattori、paradise garakutaのDJ Senba、そしてliving westのDJ Wpsと、DJ Michiでとびっきりの音楽、空間をお送りします!


まずは今週末、MAGOにてDance Teriaがございます!LOFTを意識したこだわりの音響で開催されるパーティーにセイント先生もご降臨!これは上質な鳴りに身を委ねて浄化される蓋然性が高いですぞ!

・・・と、現時点でフライヤーが届いている夜の帳情報は以上になりますが、なんと・・・(久しぶりに言わせてくだせえ)・・・なんと・・・・・・なんと水鳥拳ヒョォオオオオーーー!今月セイント先生TOKIO遠征2発決定済み!しかもそのうち1発は知る人ぞ知る概念たる「学帽政チョイス」でかつて我々をフロンティアへと導いてくれた学帽政のアニキ、邦楽音盤ガイド本「ラグジュアリー歌謡」で紹介していた心のPhotographでオイラの心のPhotographにラグジュアリー感を植え付けてくれた学帽政のアニキ、そんな学帽政のアニキが主宰するTOPGUNに知る人ぞ知る概念たる「突破系」を生み出した我々の先生、セイント先生がご降臨されるとのこと!さらになんとTraks BoysのK404さんもご降臨されるとのこと!アチキも行きチィー!ゴーーーーン!(鐘の音)・・・こうなったら着ることを怠られた服を噛み締め血の涙を流しながらフライヤー画像が届き次第アップしてご紹介させていただきますぞえー!それまではテキスト情報のみでご勘弁!

・・・ということでしたが、フライヤー画像が届きましたので、時系列に沿ってTOPGUN情報の前にセイント先生TOKIO遠征パツイチ目情報からブチ込ませてくだせえ!まずはこちら!


Jerkface9000 feat Guidance
20170617JERKFACE9000FEATGUIDANCEa - コピー
2017.06.17.Sat Jerkface9000 feat Guidance @ IGAO Tokyo
Guest DJ:
Hattori (Pigeon Records / Black Cream)

DJ's:
気持ち〜ず
y. (Timothy Really)
DRAMATICBOYS (秘境祭 / PLAYA / 都会)
Hide Futagi + FCD + OBP (Slow Mo' )

Host:
Ton (ベドラム)
Kouichi Yamaguchi (Guidance / …jinsei…)

Shop:
So-ine crew

Food:
373マルシェ

Photo:
Yoshihiro Yoshikawa

System:
nice sound


カナダBC州産クラフトビールのJerkface9000×Oriental Diner IGAO×Guidanceというトリプルネームパーティーにセイント先生がご降臨でっせー!

そして翌週もセイント先生TOKIO遠征TOPGUN!


TOPGUN
20170624TOPGUNa - コピー
2017.06.24.Sat TOPGUN @ SHIBUYA KOARA
Guest DJs:
Hattori (Pigeon Records / Black Cream)
K404 (Traks Boys)
& TOPGUN DJs


また、同日名古屋ではBCがございます!上述のとおりセイント先生はTOKIOのためお休みですが、今月はTOSHIYUKI GOTOさんがご降臨というスペシャル回でございます!


BLACK CREAM feat. TOSHIYUKI GOTO
20170624BCa - コピー
2017.06.24.Sat BC feat. TOSHIYUKI GOTO @ CLUB MAGO
DJs: TOSHIYUKI GOTO, APOLLO & Se-1

TOSHIYUKI GOTO
80年代後期よりDJ活動をスタートし、91年単身渡米。94-96年、Party “AcmeDisco”(NYC)のDJとして活躍。96年には、FrancoisKのレーベルよりジャズキーボーディスト菊池雅章氏とのユニットMATO名義で、”Tribe” 、”Drifting”(WaveMusic NYC)で衝撃的なワールドヒットを放ち本格的に制作活動をスタートし、Toshiyuki Goto名義では、フルアルバム “Two-Way Traffic”を発表。その後も”progressivefunk “そして’07年には2ndアルバム”No Illusion”を発表。帰国後、西麻布YELLOW “Voyage” 代官山AIR “The Garden” また日本のみならず、CIELO (NYC)、CLUB SHELTER (NYC) ヨーロッパ各地でもDJプレイを行っている。’15年には韓国にて国際的建築家、安藤忠雄の教会レセプションパーティーの音楽を担当し、IBIZA (SPAIN)ではMI-BIZAのclosing partyでプレイを行う。現在は、青山Zeroにて”Sunday Afternoon”、Dj Bar Bridgeなどで精力的に活動する。


こうして6月が終わり7月に突入すれば、なんと・・・House MannequinのAkirahawksがMAGOにご降臨!迎え撃つはセイント先生とタナカディスコ君!これまた最高なヤツが控えておりますわー!


MARGARITA
20170701MARGARITAa - コピー
2017.07.01.Sat MARGARITA @ CLUB MAGO
DJs:
Akirahawks (House Mannequin / from Berlin)
Hattori (Pigeon Records)
Tanakadisco (Cisco)
yuri-NSMR (Manos)

Akirahawks -House Mannequin/from Berlin-
エレクトロニック・ミュージックのメッカであるヨーロッパへと定住、ベルリンを拠点とし、著名なTresorやBerghain/Lab.oratoryといったインターナショナルなクラブ、そしてRon Hardyの再来とも称されベルリン地下を騒がせたシーンのカリスマMr. Ties主催の名物ナイトHomopatikといったローカル御用達のパーティーなど、様々なオーディエンスを巻き込みながら、スペーシーでファンキーなディスコ/ハウスのデカダンスを繰り広げる。またリエディットとしてもユニークな、相棒Shingo Suwaとのレーベル〈House Mannequin〉では、自身のDJプレイにも反映されるロウでオルタナティブなディスコ/ハウスをリリース、その中にはTakimi Mannequinとして瀧見憲司も参加。プロデューサーとしてはShingo SuwaとのプロジェクトLove Comedyでのリリースを始め、Mr.Tiesとのコラボレーションで〈Homopatik〉からもリリースを果たしている。ロンドン、パリ、ロッテルダム、東京など、国際的な活動を見せるも、ホームのベルリンでは普段はラインナップに載らないローカル・パーティーに出没する隠れた名DJとして知られている。


ということでDON'T SLEEPな夜の帳が続きます!夏に突入する前からシータマの髄まで楽しんじゃってちょーだいませませー!

それでは今日の一曲はこちら!



ジョンピー!

by SBT

5月も夜の帳へいってらっしゃい!

こんにちは。まずは、GWが終わっちゃいましたね・・・ようやくあちら側からこちら側へと戻ってこましたと思われる皆の衆へ・・・恐縮です・・・再びあちら側へと誘いこます夜の帳情報をお届けさせてもらいます・・・ドーン!


Selectors presents Young Marco x Legowelt
20170520SELECTORSa - コピー
2017.05.20.Sat Selectors @ Contact Tokyo
Studio:
Legowelt (Clone | L.I.E.S. | Strange Life | Crème Organization | Netherlands) -Live
Young Marco (Safe Trip | Dekmantel | Rush Hour | ESP Institute | Amsterdam)
Chee Shimizu (17853 Records | Organic Music)

Contact:
Hattori (Pigeon Records | Black Cream)
DJ WADA -Special Disco House set (Sublime | Dirreta)
Johan Nex (Sinapsis | Spain)
JUN NISHIOKA (dub i dub)
You me

【Session Crew】
ベドラム

【Host】
KIYO&NATSUHO
Kouichi Yamaguchi (Guidance | …jinsei…)

【Food】
IGAO

【Shop】
So-ine crew

【Photo】
Yoshihiro Yoshikawa

日蘭屈指のセレクターとハードウェアライヴの鬼才
Dekmantelが2016年より始動したフェスとコンピレーションを連動させたシリーズ「Selectors」のリリース第2弾を監修したYoung Marcoが約1年ぶりにContactに登場。Marco自身のルーツともなった名曲たちを次世代に伝えるべく選んだ10曲を収めた「Selectors 002」に始まり、自身主宰レーベルからは再評価の波が訪れている90年代初期イタリアン・ハウスの名曲をまとめたコンピを発表するなど、彼は今まさしくセレクターとしての評価をさらに高めている。4月までのヨーロッパツアーも大盛況に終え、今回のプレイにも期待ができる。共に来日するのは90年代からロウハウス/テクノを牽引してきたオランダの鬼才Legowelt。昨年には12年間温め続けてきた別名義でDekmantelからアルバムをリリースし、この4月には最新作「Unfolding The Future With Amateur Space Jazz」を発表したばかりというこの絶好機に、日本では約3年ぶりとなるライヴセットを披露する。そして、今年Music From Memoryのコンピも監修した、日本が誇るセレクターChee Shimizuも登場。オンラインショップのOrganic Musicを通じて数多の音楽との出会いを提供してきた彼がメインフロアでオランダからの二者といかに交わるのかも注目だ。


イタリアン・ドリーム・ハウスのコンピ2種も素晴らしかったSelectors第2弾担当Young MarcoとDanny Wolfers名義でコミック付きの新作を先月リリースしたばかりのダッチ・レジェンドLegoweltが東京はContactにご降臨!しかもChee師もご降臨だしセイント先生もご降臨!というか他のご降臨される面々も豪華すぎ!えらいこっちゃですわー!この日は皆の衆が戻ってこますか否かさすがに心配でっせー!

・・・しかもお次はBCが控えておりますのじゃ・・・さらにこれまたゲストが凄いんですじゃー!


BLACK CREAM feat. PAOLO DI NOLA
20170527BCa - コピー
2017.05.27.Sat BC feat. PAOLO DI NOLA @ CLUB MAGO
GUEST DJ: PAOLO DI NOLA (from Berlin)
DJs: APOLLO, HATTORI, SE-1

ベルリンの人気アングラパーティーで活躍するイタリアンPaolo Di Nolaが初来日!!Never be the sameをキーワードに、Black Creamとコラボレーション!本場NYHouse /Garegeを体験し、イタリアへ持ち帰り、現在はナイトライフの最先端の街ベルリンにて活躍する現行DJをこの機会に是非!!

Paolo Di Nola -ex HOMOPATIK /Berlin-
イタリア出身の彼は80年代クラブのニュースタンダードだと評価が高まるニューヨークDISCO, HOUSEサウンドを、ローマのダンスフロアーにインポートした第一人者的存在でもある。時を経て本場ニューヨークに渡りDJ/プロデユーサーとし てキャリアを重ね、再びヨーロッパへと戻る。2007年ベルリンを拠点に自身のレーベル “PANACUSTICA”をスタートさせ、Cosmic Metal Mother名義でリリース、Larry Heard、Prins Thomasなど作品をコラボレート。DJとしては、ベルリンにてMr.Ties率いたのレジデントを経て、ハウスだけに留まらないカルト・パーティーにて人気を誇っている!!


Mr Tiesの先生Paolo Di Nola先生が初来日でBCにご降臨!これはもう言葉は要らずあちら側へ直行、いってらっしゃい皆の衆の心でっせー!

お次は6月に突入してこちら!


KENNY BOBIEN JAPAN TOUR
20170601KENNYBOBIENJAPANTOURa - コピー
2017.06.01.Thu KENNY BOBIEN @ CLUB JB's
SPECIAL LIVE: KENNY BOBIEN
DJs: HATTORI (Pigeon Records / Black Cream), Hiroyuki


名曲への関わりは数知れないNYハウスを代表するレジェンダリー・シンガーKing of Gospel House MusicことKenny BobienがJB'sにご降臨!しかもセイント先生もご降臨!これはハウス好きの皆の衆にとっては年末恒例名古屋ティミー級に楽しみな祭りであると言っても過言ではないのではございませぬか!というわけで皆の衆、この日はシータマの髄までジャーニーの心よ!

それでは今日の一曲はこちら!



ジョンピー!

by SBT

4月も夜の帳へいってらっしゃい!

こんにちは。デルタの月を経て4月を迎えた昨今、あったかくなってきて人里に下りてきたわっち・・・はじめて見る上んとこがピンクい綺麗な木・・・あれはなあに・・・?へえ、桜っていうの・・・きれいね・・・人里に下りてきて良かった・・・あら、この紙はなあに・・・?へえ、BCのフライヤーっていうの・・・人里に下りてきて良かった・・・ビュオオオオー!きゃー強い風!BCのフライヤーが飛ばされてしまう!BCのフライヤーが飛ばされてしまうわ!トゥルルルルガチャッはいもしもし夜の帳情報です!ドーン!


BLACK CREAM
BC20170422 - コピー
2017.04.22.Sat BC @ CLUB MAGO
DJs: APOLLO, HATTORI, SE-1
VJ: IMAGINARYFLOWERS


まずはBCファンの皆の衆にはお待ちかねのレギュラーBCでござい!2017年開催のBCとしては初のレギュラーDJ陣での開催でっせ!

そんでもってBCを経てしまえばGWに突入!今年のGWはセイント先生ファンにとってはタマらない、TOKIO~名古屋での連続夜の帳ジャーニーずら!完全にこちら側ではないあちら側での出来事が予測されるの怒涛の流れでっせ!早速ご覧くだせえ連続で!ドーン!


Force Leaves
hachi - コピー
2017.04.28.Fri Force Leaves @ 青山蜂 / Aoyama Hachi
-3F-
■DJ
Hattori (Black Cream/PIGEON RECORDS)
Conomark
TANAKADISCO (CISCO)
ayapam D.J.

-2F-
■DJ
OHISHI (SODEEP/WITT)
DJ KAZ
Shintaro Iizuka (GASOLINE)
rews (MxdNuts/push..)

■FOOD
ShawDee aka EatBongo

-4F- ”Mellow Mundo ~annex~”
■MUSIC SELECTOR
SOUTARAW
フジタコス (ドミンゴ企画)
DJ Annaps (Smoovin’)
コウフウ (relax)
Satoshi Miya

■MASSAGE
Yurina (Te to Te a.k.a. ALLOK)
----------------------------------------------
この日、名古屋を代表/RepresentするDJ達が青山蜂へ登場します!
名古屋ダンスミュージックレコードショップ PIGEON RECORDS のバイヤーであり、20年のキャリアを持つDJ ”Hattori”
東京から名古屋へ拠点を移し、シーンの活性化に繋がるムーヴィング、そして全国を飛び回り音楽を通し AI を伝える the DJ ”Conomark”
one night one DJ party から様々な現場でフロアに散りばめられた浪漫を拾い集めてはまた次の夜へと向かう ”TANAKA DISCO”
”DJ達に愛されるDJ” こと ”ayapam D.J.”
迎え入れる各フロアのDJ達との融合と化学反応もぜひお楽しみに
溢れかえるファンクネスとメロウネスを味わってもらえる素晴らしい夜を約束します。
皆さまのお越しをお待ちしております!
----------------------------------------------


STAY TUNED!
20170429STAYTUNEDa - コピー
2017.04.29.Sat STAY TUNED! @ 下北沢MORE
DJs:
HATTORI (PIGEON RECORDS/BLACK CREAM)
MINODA (SLOWMOTION/MSJ/きょうのみのにゃん)
MIDDLE EBINA


DUB ME CRAZY
20170430DUBMECRAZYa - コピー
2017.04.30.Sun DUB ME CRAZY @ Kalakuta Disco
Guest DJs:
HATTORI -Reggae, Dub Set- (Black Cream / Pigeon Records)
PAPA JUN (Kalakuta Dub / Pangaea)
YOCKI (Advantage / from Yokkaichi)

DJs:
将軍 (fuild-Nagoya)
DJ tA.hA.rA. (Hidden Steppaz)


DEEP VIBE -GW TOUR’17-WYS! 10th World Tour
jp-0503-954586-920940-front - コピー
2017.05.03.Wed DEEP VIBE -GW TOUR’17-WYS! 10th World Tour @ CLUB MAGO
GUEST DJ: Peter Pixzel (WYS!/fabric/UK)

DJs: Hattori -Pigeon Records/Black Cream-
Kult Q (DEEP VIBE)-live- Goemon (DEEP VIBE) -live-
Yasuto aka Paper (DEEP VIBE) Junya (Harvest Dance/Tokyo)

-Room 2-
DJs: YUU -DEEP VIBE- Miyaka -taxis- Mnta -Harvest Dance/Tokyo-
Keisuke Miura -DEEP VIBE/Harvest Dance- Haruki -mago-
VJ: YAmAmoto=YUichiRO

----------------------------------------------
Peter Pixzel -WYS!/fabric London. DEN/UK-
コペンハーゲン生まれのPeter Pixzelは2000年にロンドンに移住し活動するDJ/Producer。ロンドンの名門fabricにて、毎週日曜に開催され今年10周年を迎えたパーティ「WetYourSelf!」のレジデントDJ/オーガナイザーである。パーティと同名のレーベル”WetYourSelf! Recordings”も運営し、数々の作品をリリースし続けている。現在までに、ロンドンの主要各クラブに加え、イビザの​Space, Amnesia、​ベルリンのRitter Butzke, ChaletにWatergate、パリのRex、さらに南米はブラジル、コロンビアからアジアは東京までと世界中をサーキットし続けている。 また、August Jacobsonとのユニット”APP”としてもロンドンで広く名が知れ渡り、Dinaymic, Kindisch, Watergateなどの名門レーベルからリリースをし、欧州を中心にLive活動も積極的に展開している。
----------------------------------------------


というわけでござい!こりゃ連続で時代の生き証人となる皆の衆は確実にあちら側から戻ってくるのが困難となりそうな心ですないカッカッカッ!他方、こちら側で今日の一曲に浸り心を落ち着かせて頂けましたら幸いと存じますの心よカッカッカッ!



ジョンピー!

by SBT