FC2ブログ

8月!今週末はCLUB MAGO 22th Anniversary Party “GODFATHER”がございまっせー!

こんにちは。早速ですが8月の夜の帳情報!今週末は何とMAGOの22周年記念パーティーとしてDOMMUNE代表・宇川直宏氏が主宰するGODFATHERが開催されマノカワ!さらに8月8日に11周年を迎える当店のセイント先生とYD君もご降臨されまシノタニ!この日は一体何が起こり何が生まれ我々の規範を破壊し創造してくれるのかアアその事実を想像することはできないであろう破壊される我々の規範のらち外にあるのは道理なのだからダーウィンノウミー!以上無理矢理イノベーションプロセスで夜の帳情報ぶち込みの心よMAGO22周年おめでとうございまーす!ドーン!


GODFATHER
img425_20180804GODFATHER.jpg
2018.08.04.Sat GODFATHER @ CLUB MAGO
DJ: TOHRU TAKAHASHI, MOODMAN
VJ: UKAWA NAOHIRO
WITH DJs: HATTORI, YD
SOUND: ASADA

CLUB MAGO 22th Anniversary Party “GODFATHER”
DJに高橋透、MOODMANを擁し宇川直宏がオーガナイザーを務めるエクスペリメンタルパーティー「GODFATHER」が、CLUB MAGO 22th Anniversary Partyにて開催!1999年に始動した『GODFATHER』は、2000~2001年に恵比寿MILKで毎月開催され、現在は不定期に全国のクラブを巡業するスタイルで展開中。ハードコア・パンクバンドとのセッションなどジャンルを横断する実験的なパーティーは、毎回シンパを増殖しながら進化するアンダーグラウンドパーティーを牽引し、アンダーグラウンドなハウスフリークと全国のコアなパーティーフリーク達の強烈な支持を集める伝説的パーティーとなっている。今回はCLUB MAGO 22th Anniversary Partyとして、久しぶりに復活する”GODFATHER”を全てのパーティーフリーク、ダンスミュージックファンにお送りします!


皆の衆この機会を体験し逃さないの心よー!なお月末にはBC feat Prosumerも有るアルヨー!夏はまだまだ終わらないヨー!

以上いかがでしょうか?それでは今日の一曲でドロンと逝き増す化♪ズンッズンッ。



ジョンピー!

by SBT

7月!夜の帳情報!セイント先生ご降臨劇多数有!

こんにちは。早速7月の夜の帳情報!まずは七夕に名駅のsound & wine bar Vinofonicaにて時間芸術としての音楽にフォーカスしたリイシューレーベルTime Capsuleのローンチパーティー名古屋場所がございます!ドーン!


Time Capsule Label Launch Nagoya
img424_20180707KaySuzuki.jpg
2018.07.07.Sat Time Capsule Label Launch @ Vinofonica
Special Guest:
Kay Suzuki (Time Capsule / Round In Motion)

Supporting DJs:
Hattori (Pigeon Records), SAKOTHING


ゲストは当該レーベルのプロデューサーKay Suzukiでセイント先生とSAKOTHING君が迎え撃ち!行くしかない!なおレーベルのリリースは1番がIl Guardiano Del Faroのオェイシスでデザインは伊の方、2番が烏山雄司のアーリー80sセレクションで共に今年秋頃予定の模様です!こちらも楽しみじゃのう!

お次はファンの皆の衆お待ちかねのレギュラーBC!


BLACK CREAM
img423_20180721BC.jpg
2018.07.21.Sat BC @ CLUB MAGO
DJs: APOLLO, HATTORI & SE-1


続いてセイント先生2days!まずは早速えらいこっちゃなButtonsのHouse MannequinのラヴコメのMerkur SchallplattenのShingo Suwaご降臨MERKUR NACHT!


MERKUR NACHT
img421_20180727ShingoSuwa.jpg
2018.07.27.Fri MERKUR NACHT @ CLUB MAGO
MAIN ROOM DJs:
SHINGO SUWA (BUTTONS / Merkur Schallplatten / House Mannequin)
HATTORI
Paperkun
TANAKADISCO

LOUNGE ROOM DJs:
REBORN, KOHEI, DET-CHIN, YUU

RAW CHOCOLATE
HOLY LOTUS

SHINGO SUWA -BUTTONS/Merkur Schallplatten/HouseMannequin-
2005年末にベルリンに拠点を移し、2008年に自身のレーベル “Merkur Schallplatten”をドイツ国内において気鋭のディストリビューター “Diamonds and Pearls Music” 配給のもとで開始。12インチレコード限定300枚のみというスタイルで現在まで7枚のEPを発表する。控えめなプロモーションにも関わらず、欧州のクラブシーンを中心に徐々に認知されつつある。DJスタイルにおいてはテクノを基礎とし、シカゴ・デトロイトやニューヨークなどのUSハウスにミニマル、ダブ要素を加えたセットは現在の拠点、東ベルリンにおいて少しずつ評価を高めている。現在はMr.Ties主宰HOMOPATIKにてレジデントを務める等ヨーロッパを中心に様々なパーティで活躍中。


翌日もえらいこっちゃのEMMA HOUSE!


EMMA HOUSE
20180728.jpg
2018.07.28.Sat EMMA HOUSE @ CLUB MAGO
DJs: DJ EMMA (NITELIST MUSIC) DJ HATTORI (pigeon records)
2nd ROOM DJs: G (RICE) Shintaro (RAZOR SHARP) SHIBA (fucksleep)

DJ EMMA -NITELIST MUSIC-
1985年よりDJを始め、東京各所のナイトクラブで数々のパーティーを成功させる。1994年に「GOLD」と契約。クローズするまでレジデンスとして活躍、そのアグレッシブなプレイによって土曜日をまとめあげ、東京中の遊び人(ナイトリスト)たちに決定的な存在感を知らしめた。1995年にはDJプレイに留まらず音楽制作を開始。川内タロウと共に「MALAWI ROCKS」を結成する。同年NIGHTGROOVEより発売された12inchシングル”Music Is My Flower”が世界的ヒットを果たす。同じく95年から発売され、日本を代表するMIX CDとなった「EMMA HOUSE」は、24bitマスタリングというMIX CDの枠を超えた徹底的な音作りとダンスフロアの雰囲気を閉じ込めた作品として好セールスを記録し過去に19枚リリースされている。2014年新たな活動を始めたNITELIST MUSICから、日本発のACID HOUSE “ACID CITY”を発売。HEARTBEATから2年連続リリースとなったMix CD “MIXED BY DJ EMMA vol.2″と共にダブルリリースツアーを全国15ヶ所で行う。常にダンスフロアとHOUSEMUSICを中心に新しい音楽を最高の技術でプレイし続けるスタイルはKING OF HOUSEと呼ばれる。2016年10月26日には活動30周年を記念したEMMA HOUSE XX〜30th Anniversary〜をユニバーサルミュージックよりリリース。現在もDJ及びプロデューサーとして精力的に活躍中。


以上いかがでしょうか?それでは今日の一曲でドロンと逝き増す化♪今回はまるでJoan Bibiloniじゃないですか4年前にリリースされたカセットテープのDelta Horizonは未だアディクト的に聴かんと治まらんことありますわたし大好きですEleventeen Estonの待望すぎる2ndアルバムから!ズンッズンッ。



ジョンピー!

by SBT

6月!いよいよBC feat TODD TERJEで解脱に至れまっせー!

こんにちは。早速ですが、いよいよ今週末はBC feat TODD TERJEがございまっせー!ドーン!


BLACK CREAM feat. TODD TERJE
img420_20180604_1.jpg
2018.06.09.Sat BC feat. Todd Terje @ Club Mago
DJs: Todd Terje, Hattori & Ebina Middle

TODD TERJE -Olsen Records / from Norway-
北欧ノルウェー、オスロ在住のプロデューサー/ソングライター/DJであるTODD TERJE(トッド・テリエ)。数々の傑作リエディットでその名を知られ、彼のリエディットやリミックス作品で構成されたベスト盤的コンピレーション&ミックスCD 『Remaster Of The Universe』がリリースされている。リエディットだけでなくオリジナル作品でもその才を発揮し、Full Pupよりリリースされた「Eurodans」は彼の代表曲の一つであり、Running Backからリリースされた「Ragysh」と「Snooze 4 Love」は2011年のクラブアンセムとなった。そして、Olsen Recordsよりリリースされた『It’s The Arps』EP収録曲、「Inspector Norse」は爆発的なヒットを記録し、世界中のダンスフロアで評価されている。


セイント先生と海老名ミドルさんがTodd Terjeを迎える布陣で開催!さらに翌週はStomp!


Stomp! feat. Pablo Fierro
img415_file.jpg
2018.06.16.Sat Stomp! @ Club JB's
DJs:
Pablo Fierro (Vida Records/from Spain)
Hattori (Black Cream/Pigeon Records)
hiroyuki
HARUNA (No.6)
Lighting: Hayakawa(No.6)

Pablo Fierro
パブロ・フィエロは、スペインのカナリア諸島で生まれ育ったDJ / プロデューサー。09年ごろからハウスのクリエイターとしてリリースを積み重ね、2012年から自身のレーベルVida Recordsを開始。2014年 “Zultan (Pablo Fierro Remix)” Steve Paradise がスマッシュ・ヒット、2014年Traxsource年間チャートTOP2にランクインする快挙を果たす。その後4年間Afro House年間アーティストTOP3圏内を保ち、Fania、Innervisions、Brownswood、Defected、Nervous、King Street Soundsなどのトップ・レーベルからリリース。ここ数年特に幅広い層に普及したアフロハウス・シーンにおいて、パーカッションとテクノの融合、そしてクリアかつ力強いサウンドでいち早く突出した個性を築き上げたパブロは、まさに現在進行形のアフロハウスを象徴する存在。DJにおいては特にここ数年ヨーロッパを中心に各国に招聘され活躍しているが、今回は待望の日本初公演が実現。6月15日(金)渋谷Contact、6月16日(土)名古屋JB’S 、この貴重な機会を是非見逃さないで欲しい。


以上いかがでしょうか?それでは今日の一曲でドロンと逝き増す化♪ズンッズンッ。



ジョンピー!

by SBT

5月!AKIRAHAWKSさんがMAGOにご降臨!セイント先生ご降臨劇も多数有!

こんにちは。早速ですが、法悦確約!夜の帳情報!GWにAKIRAHAWKSさんがMAGOにご降臨されますぞえー!ドーン!


MARGARITA feat. AKIRAHAWKS
img414_20180505Akirahawks.jpg
2018.05.05.Sat MARGARITA @ CLUB MAGO
DJs:
AKIRAHAWKS from Berlin (Buttons / House Mannequin)
HATTORI, TANAKADISCO & OKAYAMA x 五十嵐

AKIRAHAWKS -Buttons/House Mannequin-
エレクトロニック・ミュージックのメッカであるヨーロッパへと定住、ベルリンを拠点とし、著名なTresorやBerghain/Lab.oratoryといったインターナショナルなクラブ、そしてRon Hardyの再来とも称されベルリン地下を騒がせたシーンのカリスマMr. Ties主催の名物ナイトHomopatikといったローカル御用達のパーティーなど、様々なオーディエンスを巻き込みながら、スペーシーでファンキーなディスコ/ハウスのデカダンスを繰り広げる。またリエディットとしてもユニークな、相棒Shingo Suwaとのレーベル〈House Mannequin〉では、自身のDJプレイにも反映されるロウでオルタナティブなディスコ/ハウスをリリース、その中にはTakimi Mannequinとして瀧見憲司も参加。プロデューサーとしてはShingo SuwaとのプロジェクトLove Comedyでのリリースを始め、Mr.Tiesとのコラボレーションで〈Homopatik〉からもリリースを果たしている。ロンドン、パリ、ロッテルダム、東京など、国際的な活動を見せるも、ホームのベルリンでは普段はラインナップに載らないローカル・パーティーに出没する隠れた名DJとして知られている。


そして月末から来月頭にかけてはセイント先生ご降臨劇が多数有!東京遠征も含!


DISKOVSKY
img419_20180525Diskovsky.jpg
2018.05.25.Fri DISKOVSKY @ Kalakuta Disco
DJs: Hattori, Tanakadisco, Haruna


Deep House Party GASOLINE Vol.47
img418_20180526Gasoline.jpg
2018.05.26.Sat GASOLINE @ SHIBUYA KOARA
Special Guest DJ: HATTORI (Pigeon Records/from Nagoya)
DJs: Kirioka (CMYK), Takuya Katagiri
Food: omanamana


2018.05.30.Wed Body To Body @ cafe domina
DJs:
HATTORI
MURAKAMIGO
bill-pill
beepay


HATTORI x YD
20180601.jpg
2018.06.01.Fri HATTORI x YD @ KALAKUTA DISCO
DJs:
HATTORI (Black Cream / Pigeon Records)
YD (Fusion / Loveland)


なお今月のBCはお休みです!が、来月はセイント先生と海老名ミドルさんがTodd Terjeを迎える布陣で開催となるだぜ!

以上いかがでしょうか?それでは今日の一曲でドロンと逝き増す化♪ズンッズンッ。



ジョンピー!

by SBT

4月!今週末はCedric Woo Japan Tour及びZiggy Funk Japan Tourにセイント先生がご降臨!

こんにちは。早速ですが4月の夜の帳情報!今月は今週末にCedric Woo Japan TourからZiggy Funk Japan Tourまでセイント先生もご降臨2daysが、あり!その後さらにファンの皆の衆にとってはお待ちかねのレギュラーBCも控えて、おろ!というわけで一気にドーン!


Cedric Woo Japan Tour
img409_20180413CedricWoo.jpg
2018.04.13.Fri Cedric Woo @ Club Mago
Line Up
Cedric Woo (Beauty and the Beat)
Hattori (Black Cream/Pigeon Records)
ayapam D.J. (WIDE LOOP/Los Mantos)
YD (Fusion/Loveland)

Coffee & Raw Chocolate
TAKURO COFFEE / HOLY LOTUS

Cedric Woo -Beauty and the Beat / London-
フランス出身、現在ロンドン在住のCedric Wooの音楽キャリアは90年代半ばに大学のキャンパス・ラジオから始まる。プロとして地元で活動する一方、その後移住したニューヨークで現在のDJ/クラブ文化の礎を築いたDavid Mancuso氏と個人的な友好を深めながらより深い音楽知識と音響機器に目覚める。2000年にロンドンに移住後は仲間達と持ち込んだヴィンテージ・アナログ機器を装備した彼のパーティ、VoicesやBeauty & The Beatを徐々にスタート。その唯一無二な音響体験とCedric Wooの幅広く熟練した選曲からロンドンのコアなレコード/オーディオ・マニア達やパーティ・アニマル達の間では”知る人ぞ知る”伝説的なアンダーグラウンドパーティとして有名になる。2005年にはシアトルでのRed Bull Music Academyに参加し、DJとして引き続きモスクワやパリを始めとした世界的な活動を展開。彼のトレードマークでもある3時間以上に及ぶロングセットはジャンルやBPMを超越し、時間と空間を超越した壮大な旅へと誘う。

Beauty & the Beat
現在ロンドンで最も活気のあるエリアのひとつ東ロンドンはハックニー地区。数年前から多くのアーティストや音楽家が集まるこの地で2003年から続く Beauty & The Beat。廃墟や倉庫跡等のプライベートな会場を貸し切り、彼等が所有するこだわり抜いた音響機器類を装備したこのパーティはロンドンのコアなレコード/オーディオ・マニア達やパーティ・アニマル達の間では”知る人ぞ知る”伝説的なアンダーグラウンドパーティとして有名。

60年代に今のクラブの青写真を築いたDJ文化の祖・David Mancusoがかつて唯一ロンドンで行っていたレギュラーパーティ Journey through The Light のクルーでもある彼等のパーティのテーマは“Deep dance music with psychedelic soul“。その名の通り、アナログの暖かくて太いオーディオ機器から流れて来るのは深くて生々しいサイケなハーモニーとソウルフルなリズム達。ディスコ、ハウス、ジャズ、テクノ、ソウル、アシッド・ロック、ファンク、レゲエ、ダブ、ダブステップ、アフロ・ビートと、時に激しく、時に穏やかに。そして時に深く、時に軽やかに、ゆっくりと展開していくその夜のストーリーをフロアで体感しているとまるで時間と空間を完全に失った宇宙船で未知への旅をしているかのように錯覚する。
text by Kay Suzuki (round in motion)


Ziggy Funk Japan Tour
img412_20180414ZiggyFunk.jpg
2018.04.14.Sat Ziggy Funk @ Club JB's
DJs:
Ziggy Funk (Rhemi/BBE/from London)
Hattori (Pigeon Records/Black Cream)
hiroyuki

Ziggy Funk(Rhemi/BBE/from London)
イギリスのロンドン出身で、マルチ奏者でもあるZiggy Funkは、幼い頃からギターを学び音楽に触れ、多くのバンドで演奏するようになり、ファンク、ヒップホップ、ジャズ、ブルース、ワールド・ミュージックなどの異なるスタイルを取り入れてきた。2011年、Ziggyは、House Musicのコミュニティから大きな反響を受け、偉大なFoliageレーベルの下で、パートナーのTaliwaと「Everyday」を発表。その後、DJ Spen主宰レーベル、Quantize Recordingsからハウス・レジェンドLittle Louie Vegaサポートのもとレコーディングされた「What You Afraid」をリリース。Ziggyはその後、Defected、Soul Heaven、Tony Recordsといった名門からも作品を続々とリリース。そしてZiggyとFanatix / Soul HeavenのNeil Pierceによるソウルフル・ハウス・シーンにおいて決定的となるデュオ・ユニットRhemiを結成。2015年には自身のレーベル、Rhemi Recordsからリリースした「Diamond」がLouie Vegaをはじめ、Kenny Dope、Danny Krivit、Tony Humphries、Karizma、Joey Negro他、錚々たる面子にプレイされ大きな話題となった。2016年にBBEレーベルからリリースされた「Red Light Syndrome EP」は、Dego率いる<2000 Black>あたりとも共鳴するクロスオーバーな仕上がりとなり、これに続くデビューアルバム「Boxer's Fracture」がZiggyにとって未来がどこに向かうのかを示した。すべてのこのエネルギーと音楽に対する感謝は、Ziggyの奥深くにあり、彼の演奏やDJのパフォーマンスを通じて素晴らしいクオリティー期待することができるであろう。


BLACK CREAM
20180421BC.jpg
2018.04.21.Sat BLACK CREAM @ CLUB MAGO
DJs: APOLLO, SE-1 & HATTORI


いかがでしょうか?それでは今日の一曲でドロンと逝き増す化♪ズンッズンッ。



ジョンピー!

by SBT