FC2ブログ

10月!ZセイントことDセイントとセイント先生がご降臨でさらに名古屋がベルリンにー!?

こんにちは。GonnoさんのMixとTrinidadian DeepのEggunが最高な昨今、先ずは10月の夜の帳情報!なんと10周年を迎えるTribe Recordsを主宰するZepherin Saint(以下Zセイント)ことDean Zepherin(以下Dセイント)がMagoにご降臨!もちろんセイント先生もご降臨!以前ZセイントことDセイントがMagoにご降臨されたのは当店が10周年を迎えた2017年8月のBCであったと記憶しておりますので、これは大局の流れが輪郭を見せることを示唆しているのだとしたらー!?ううー・・・頭が痛いー・・・皆の衆はご自身の幽霊で確認してきてくれー・・・さらにー・・・Akirahawksさんが再びMagoはMargaritaにご降臨!ってことはー・・・一年のうち何度か訪れることがあるという名古屋がベルリンになる日がこの日なのかー!?ううー・・・頭が痛いー・・・皆の衆はご自身の幽霊で確認してきてくれー・・・ドーン!


Zepherin Saint Tribe Records 10th Anniversary
img477_20191019ZepherinSaint.jpg
2019.10.19.Sat Zepherin Saint Tribe Records 10th Anniversary @ Club Mago
DJs: Zepherin Saint (Tribe Records), Hattori, Jaguar P, hiroyuki
2nd Floor: HARUNA, Kumechang, sugiyan westwood, yukari

Zepherin Saint -Tribe Records-
DJ/プロデューサーとしてでなく、伝説のハウス専門レコードショップBlack Market Recordsのマネージャー業にも携わり、ロンドンのシーンにおいて重要な役割を担っていたZepherin Saint。ハウスシーンからしばらくの間距離をおいていた彼だが、2009年に再活動とともに発表したEP「Circles」がスマッシュヒット。彼のレーベルTribe Recordsは現在、アフロ/ソウルフルハウスの最注目レーベルとして揺るぎない地位を確立している。シーンの現状を見据える審美眼、変化を恐れない姿勢、素晴らしい音楽を信じる力強さは、レーベル運営/楽曲制作だけでなくDJにおいても一貫している。前回のマーゴでのプレイも、アンダーグラウンドなハウスダンサーをも熱狂的な渦に巻き込んだ。その彼が今回再び来日し、マーゴに再登場。彼がロンドンのハウスシーンを代表する存在であることは明白だ!


Margarita feat. Akirahawks
img478_20191026AkiraHawks.jpg
2019.10.26.Sat Margarita feat. Akirahawks @ Club Mago
ROOM1: Akirahawks, Hattori, Tanakadisco
ROOM2: RAY (Manos), YAGINPOS (Manos), 五十嵐 (Martarita), sugiyanwestwood, longnan, tamachanmann

AKIRAHAWKS -House Mannequin / from Berlin-
ベルリンを拠点としながら著名なTresorやBerghain、Lab.oratoryといったインターナショナルなクラブに出演。そしてRon Hardyの再来とも称され、ベルリン地下を騒がせたシーンのカリスマMr. Ties主催の世界最高峰名物ナイト『Homopatik』といったローカル御用達のパーティーなど、様々なオーディエンスを巻き込みながら、スペーシーでファンキーなディスコ/ハウスのデカダンスを繰り広げる。また、リエディットとしてもユニークな、相棒Shingo Suwaとのレーベル〈House Mannequin〉では、自身のDJプレイにも反映されるロウでオルタナティヴなディスコ/ハウスをリリースしており、その中にはTakimi Mannequinとして瀧見憲司も参加している。プロデューサーとしてはShingo Suwaとのプロジェクト「Love Comedy」でのリリースを始め、Mr.Tiesとのコラボレーションでレーベル版〈Homopatik〉からもリリースを果たしている。ロンドン、パリ、ロッテルダム、東京など、国際的な活動を見せるも、ホームのベルリンでは普段はラインナップに載らないローカル・パーティーに出没する隠れた名DJとして知られている。


以上いかがでしょうか?それでは今日の一曲でドロンと逝き増す化♪ズンッズンッ。



ジョンピー!

by SBT

9月!solfa 11th Anniversary PartyとFusionがございまっせー!

こんにちは。The Gerogerigegegeが最高すぎて毎日聴いて癒し高まりタ   直行   1マ    2マ    五輪直行、9月に突入、ついにPowderさんのシンナーグルーヴからAudi.のGCRUのAGRのSonic WeaponさんとK-LINEさんのタイトルもスリーブカラーも最高なGが10月にリリースされるとのことで来月がとても楽しみになった昨今、まずは9月の夜の帳を楽しんで頂きたく早速情報投下へと至らせておくんなまし!ドーン!


solfa 11th Anniversary -DAY1- "bamboo" supported by ballaholic
20190913Solfa1.jpg
2019.09.13.Fri solfa 11th Anniversary @ solfa nakameguro

-ROOM 1-
boys be kko (Kids Return / Atomnation) -LIVE-
Gonno (WC / Merkur / mule musiq / International Feel)
Hattori (pigeon records)
KEIHIN (Prowler)
Tyme. / Tatsuya Yamada (焚火dub) -LIVE-
YOUFORGOT (UGFY)

-ROOM 2-
nutsman
Kengo (Block Party)
FAT PEACE (bamboo)
Automat (DAIZEN & Hiroki Nakamura & TERA)
Bungo (Restless)


今週末は出演者が豪華すぎる中目黒solfaの4日間に渡り開催される11周年記念パーティーがございます!このパーティーのDAY1に名古屋からはセイント先生が遠征ご降臨!岐阜からはnutsmanさんが遠征ご降臨です!

お次は翌週の祝日前日曜日!Tama SumoとLakutiをセイント先生とYD君が迎え撃つFusion!


FUSION feat. TAMA SUMO & LAKUTI
20190922TAMASUMO_LAKUTI.jpg
2019.09.22.Sun FUSION @ CLUB MAGO
SPECIAL GUEST DJ:
TAMA SUMO (OSTGUT TON) & LAKUTI (UZURI RECORDINGS)
DJs: HATTORI, YD

世界のクラブシーンを刺激し続けるベルリンのクラブ:Berghain & Panorama Bar。その創世期からベルリンにて独自のハウスシーンを創り出した張本人ベルリン最重要DJ TAMA SUMOと彼女のパートナーでもあり、UZURI Recording & Bookingsの代表も務めるDJ LAKUTI。TAMA SUMO の最も好きな日本のVENUEとして挙げられている名古屋MAGO にて2人揃ってのプレイ決定です!


以上いかがでしょうか?それでは今日の一曲でドロンと逝き増す化♪ズンッズンッ。



ジョンピー!

by SBT

8月!まだまだBCとSTOMP!が控えておりまっせー!

こんにちは。Wigflex x MagicwireのLiveパフォーマンスからカットされたChampagneが仙境からの響きだった思い出のRoss From FriendsがBrainfeederからドロップしたコンセプト及び制作背景からして最高すぎる新作に完全染められてる昨今、8月の夜の帳はまだまだ終わりません!BCとSTOMP! feat DAZZLE DRUMSが控えてます!ドーン!


BLACK CREAM
20190824BC.jpg
2019.08.24.Sat BLACK CREAM @ CLUB MAGO
DJs: BLACK CREAM DJs


20190824バレアリックがとまらない


BCにセイント先生はもちろんご降臨!さらになんとEBINA MIDDLEさんがご降臨とのこと!BCは11月か12月まで開催がないらしいので今回が終わったら少し間が空いてしまうので今回行っておいた方が後々いいかなと思うのできっと今回は遊びに行った方が同日MAGOのお隣Vioで開催されているバレアリックがとまらないでも遊べますしこれにはYoung MarcoがYouTubeで演奏動画を見たことがきっかけでSafe Tripからアーカイヴ音源がリリースされるに至った双子デュオSatoshi & Makoto (Sound Of SpeedからリリースされるSatoshiのソロ作品Semi-Vintageも楽しみである!)とSink Inが最高だったind_frisがLive出演するようですしハシゴしてどっちも楽しんじゃうプランはいかがでしょうか!?


STOMP! feat DAZZLE DRUMS
20190831STOMP.jpg
2019.08.31.Sat STOMP! @ CLUB JB's
DJs: DAZZLE DRUMS, hiroyuki, TAIHEI & HATTORI

Dazzle Drums
NagiとKei Suganoの2人組ユニット。それぞれが90年代からDJ活動を開始。ダンス / ハウスクラシックスを軸に幅広い選曲で新譜を織り交ぜプレイする。2005年より楽曲制作を開始。King Street Sounds、Centric Music、Tony Records、Nulu Electronic、Tribe Records, BBE Musicなどこれまで数多くの海外レーベルからリリースを重ね、Danny Krivit、Joaquin Joe Claussell、Louie Vega、Tony Humphries、DJ Nori、DJ EmmaやTim Sweeneyらがプレイし、幅広いDJからの評価を獲得。2010年、自主レーベルGreen Parrot Recordingを始動。2014年、1stアルバム"Rise From The Shadows"をリリース。2016年、Louie VegaファミリーAnane VegaのレーベルNulu Electronicから2ndアルバム"Concrete Jungle"をリリース。同年7月Gilles Peterson主宰、南フランスSeteで開催されるWorldwide Festivalに出演、12月Ray-Ban x Boiler Roomに出演。2017年、Mix & Compilation CD "Music Of Many Colours"をリリース、同名のパーティーをContactで始動。同年7月ヨーロッパツアー、10月アムステルダムADE出演。2018年7月2度目のWorldwide Festival出演を皮切りにヨーロッパ5カ国6都市をDJツアー。レギュラーパーティーは毎月第二日曜日夕方開催Block Party @ 0 Zero。


以上いかがでしょうか?それでは今日の一曲でドロンと逝き増す化♪ズンッズンッ。



ジョンピー!

by SBT

8月8日はFusion feat. DAN SHAKE -Pigeon Records 12th Anniversary Party-がございまっせー!

こんにちは。ウェザオールがプレイしていたLlewellynのちょっとVulture系な泣きの一曲These Days (Don't Make Me Wait)のフィジカルリリースが待ち遠しい昨今、7月はBCがお休みでしたので8月8日の夜の帳情報、そう、そうなのです、8月8日でPigeon Recordsはオープン12周年を迎えるのであります!少し早いですが、服部さん、ヒロミさん、12周年おめでとうございます!これもひとえにいつもご愛顧頂いている皆様のお陰です。ありがとうございます!皆様、これからもPigeon Recordsをご愛顧頂けますよう宜しくお願いします!というわけで早速Fusion feat. DAN SHAKE -Pigeon Records 12th Anniversary Party-情報をドカンと一発打ち上げさせておくんなましー!ドーン!


Fusion feat. DAN SHAKE -Pigeon Records 12th Anniversary Party-
img470_20190808DanShake.jpg
2019.08.08.Thu FUSION feat. DAN SHAKE @ CLUB MAGO
GUEST DJ: DAN SHAKE
DJs: HATTORI, YD

Dan Shake -Shake/Lumberjacks in Hell/UK-
近年で最も活躍しているUKのアーティストの一人であるDan Shakeがマーゴ初登場!Dan Shakeはロンドンを拠点にするアーティストで、2014年にMahogani Musicからリリースされた”3AM Jazz Club”でまたたく間にシーンに名が広まって以降も、自身のレーベルであるShakeやLumberjacks in Hellなどから多くの作品をリリースしてきた。2017年には日本やオーストラリアを含めて世界中でパフォーマンスを披露し国際的なキャリアを歩んでいる。Dimensions Festival​のクロージングセットをまかされたり、Jeremy Underground​、Jamie 3:26 、Marcellus Pittman​などとのB2Bセットも披露してきた。2018年にはBoiler Roomに出演し大きな話題となり、ロンドンのラジオ局Rinse FMでは毎月のレギュラー番組を持つようになった。今回は名古屋の人気レコードストアーPigeon Records 12th Anniversary Party-とのコラボレーションによるパーティー!!!


Dance ManiaしばりのMixも最高だったDan Shakeをセイント先生とYD君が迎え撃つFusion!これは周年記念にふさわしいスペシャルな一夜となるのは必至です!皆様楽しんできちゃってちょーだいませませー!

以上いかがでしょうか?それでは今日の一曲でドロンと逝き増す化♪ズンッズンッ。



ジョンピー!

by SBT

6月!今月のBCはfeat. VINCE WATSONでっせー!

こんにちは。くノ一弓Jさんの忍法幻菩薩及びGALs the PUNK!!!の金玉ダブが心に染み入る昨今、6月の夜の帳情報を早速投下の心です!ドーン!


BLACK CREAM feat. VINCE WATSON
img467_file.jpg
2019.06.22.Sat. BC feat. VINCE WATSONE @ CLUB MAGO
SPECIAL GUEST LIVE: VINCE WATSON (Yoruba | Planet E | Delsin | Everysoul | Netherlands)
& BLACK CREAM DJs

Vince Watson -Yoruba/Planet E/Delsin/Everysoul/Netherlands-
出身地グラスゴーの王立芸術音楽アカデミーでピアノを学んだのちにエレクトロ・ミュージックの製作を始める。デトロイト・テクノという側面で語られることが多い彼だが、99年に発表した“Mystical Rhythm”がBody & SOULクラシックスとしてコンピレーションに収録されたこともあり、ハウスとテクノ、両サイドのリスナーから愛される稀有なアーティストだ。15年はOsunlade主宰レーベル〈Yoruba〉より“Eminescence”を発表。電子音とピアノサウンドが緻密に構成されたオーガニックなインストゥルメンタル・ハウスの傑作であり、現在も多くのDJに愛され続けている。17年には Derric Mayの要望で実現したRhythim Is Rhythim “Icon / Kao-Tic Harmony” (Vince Watson Reconstructions)が話題となり、 昨年はBBEからジャズ、ブレイクビーツ、クラシックなどの要素を詰め込んだ『Life Is Beautiful』をQuart名義でリリース。今年はJoaquin Joe Claussell主宰〈Sacred Rhythm〉から”Teardrops”を発表。夏にはデトロイト・テクノの境地に立ち戻ったアルバム『DnA』を発売予定。作品の幅を広げながらも、美しいメロディメイクと緻密な楽曲構成においてVinceのスタイルは一貫しており、流行の変化が激しいダンスミュージック界において20年以上第一線で活躍し、多くの重鎮DJ/クリエイターから熱烈な支持を獲得し続けている。
今回の来日では東京・名古屋2公演ともライブアクトを予定しており、自由自在に機材を操るスキルと心奪うメロディが織りなす圧倒的なパフォーマンスは、素晴らしいダンスミュージックが生まれる瞬間に立ち合うときの純粋な感動を、私たちに与えてくれる貴重な機会となるはずだ。

WEBSITE: vincewatson.com
FACEBOOK: facebook.com/vincewatsonmusic
SOUNDCLOUD: soundcloud.com/vincewatson
DISCOGS: discogs.com/artist/3225-vince-watson


Sacred Rhythm MusicからリリースしたTeardropsが話題かつ夏にリリース予定のアルバムDnAに期待が集まる現在はアムステルダムに居を構えるレジェンドVince WatsonがBCにご降臨!しかも貴重なライヴ・パフォーマンスを披露!Rolandのアーティストとしての活動もあり909 festivalにも出演しているレジェンドのライヴがMAGOで!BCで!体験できさらにもちろん!セイント先生もご降臨!よってこの日はディストピア/ユートピアの雰囲気にファンクを混ぜた感じに包まれてきちゃってちょーだいませませー!

お次は翌週!セイント先生遠征情報!


MANOS
img463_20190629MANOS.jpg
2019.06.29.Sat. MANOS @ 浜松PLANET CAFE
SPECIAL GUEST DJ: HATTORI (PIGEON RECORDS / BLACK CREAM)
& MANOS POSSE


レジデントDJのMIXも当店で取扱い中の浜松の老舗クラブPlanet Cafeにて開催される名物パーティーMANOSにセイント先生がご降臨!うむ、見えた!昨年の10月以来のご降臨劇ということで渦巻く蓄エナジーが爆発からのフロンティアへ導かれ着地の筋書きが、見えたー!この日はディストピア/ユートピアの雰囲気にブギーを混ぜた感じに包まれてきちゃってちょーだいませませー!

お次は7月!なんとゴッドファーザーのスイス銀行のレジェンドの高橋透とセイント先生の二人会OOOが開催!これは体験し逃すことができないスペシャルすぎる一夜でっせー!


CLUB MAGO presents ONE ON ONE
img468_file.jpg
2019.07.06.Sat. ONE ON ONE @ CLUB MAGO
DJs: TOHRU TAKAHASHI (GODFATHER) x HATTORI (BLACK CREAM / PIGEON RECORDS)

高橋 透 Tohru Takahashi -GODFATHER-
1976年からDJ活動をはじめ、1980年にNYへ移住、1981年に一時帰国、〈椿ハウス〉、〈玉椿〉、〈CLUB-D〉などの80年代を代表する箱のメインDJを務める。1985年にNYへ戻り、DJとして活動する。1989年に帰国。その後も芝浦〈GOLD〉でのレジデントをはじめ、数多くのクラブ、パーティに関わる。現在は宇川直宏、MOODMANと主催するディープ・ハウスパーティ〈GODFATHER〉のひとりとして活躍。ミックスCDとして『GODFATHER 10th ANNIVERSARY SPECIAL MIX VOL.1』、また自身の半生を綴った著書『DJバカ一代』がある。

DJ HATTORI -Pigeon records-
名古屋Pigeon Recordsバイヤー。20年を超えるDJ経験の中で、NYスタイルのハウス・パーティーやカルト・ディスコ・パーティー等を経て、ここ10年くらいは名古屋Club MagoにてApollo(eleven.)、Se-1(eleven.)と組んだパーティー「Black Cream」をほぼ毎月開催している。国内外問わず様々なDJ/アーティストとの共演が数多く、長年の音楽遍歴から得た知識や振れ幅を活かしたソウルフルでエモーショナルなプレイが魅力。’14年には伝説のベルリン地下パーティー「Homopatik」に出演。


以上いかがでしょうか?それでは今日の一曲でドロンと逝き増す化♪ズンッズンッ。



ジョンピー!

by SBT