FC2ブログ

11月!DJ HARVEY来日名古屋場所はセイント先生もご降臨!セイント先生遠征情報も有!

こんにちは。私、PPTVさんの各種作品がとても好きでございまして此度、PPTVさんがプロデュースをされた『アルプス(山い)』 MC LAS × 鎮座DOPENESSを聴きもうしましたところ胎動まるでファラさんよろしくリジョイイいーいー山いーいーでメザニン仙境に至った。他方、RAのMixがPowderさんで即座にメザニン仙境至った。再び。アルプス(山い)のクレジットにCJさんの名を見て秘密の花園/夢を久しぶりに聴いた。DJ威力も聴いた。昨今、VioサイドもどえりゃあえらいことになっとるがねHの名古屋場所夜の帳情報が届いとるが問いは至るところ何処かー!?ということかー!?無形→有形→無形のサイクルは真理かー!?という意思(仮)にお伺いを立てる必要がありそうだー・・・・・よろしくお願いします!ドーン!


DJ HARVEY 30TH ANNIVERSARY TOUR OF JAPAN
img481_20191122.jpg
2019.11.22.Fri DJ HARVEY @ CLUB MAGO
DJ: DJ HARVEY (HARVEY SACASTIC DISCO), HATTORI (BLACK CREAM)
SOUND: ASADA (AIRLAB)
LOUNGE VIO SIDE:
DJ 吉沢dynamite, DJ NOTOYA, DJ MIHARU, OHTAKE

DJ HARVEY
ハウス、ディスコ、バレアリックシーンのカルトリーダー、そしてDJとしてもっとも神の領域に近い男と称されるリヴィングレジェンド、DJ Harvey(DJハーヴィー)。ローリングストーン誌は彼を「DJ界のキース・リチャーズ」と評し、世界に君臨するDJトップ10に選出している。
1980年代半ばのロンドンでDJキャリアをスタート。セカンドサマーオブラヴの狂騒の中、悪名高きDIYパーティー集団「Tonka Sound System」のクルーとして名を馳せ、ニューヨークの伝説的クラブ「Paradise Garage」のレジデントDJであったラリー・レヴァンも出演した自身のパーティー「Moist」で、DJとしての評価を不動のものとする。1990年代に「Ministry of Sound」のレジデントを務め、2002年にロサンゼルスに移住。LAアンダーグラウンドの聖地として、世界中からハードコアなダンサーたちが集うウェアハウスパーティー「Harvey Sarcastic Disco」を開催して、レフトフィールドなディスコやバレアリック復権への大きな流れを作った。また、当時発表した不朽の名作『Sarcastic Study Masters Volume 2』は、世界最大の中古音楽市場「Discogs」で、ミックスCDとして史上最高額となる500ドルの値が付けられている。
2010年にアメリカ国外への渡航が可能になると、世界中からオファーが殺到。奇跡の再来日を果たした2010年GWのジャパンツアーでは、全国12都市を回りロックスター顔負けの1万人以上を動員。母国イギリス・ロンドンでの凱旋パーティーは、チケット発売後わずか1分でソールドアウトを記録し、世界最高峰のクラブ「Berghain/Panorama Bar」や世界最大級のフェス「Coachella」などにも出演。2015年からは、ワム!の名曲「Club Tropicana」のミュージックビデオのロケ地にして、クイーンのフレディ・マーキュリーが伝説のバースデーパーティーを行ったホテルとしても知られるイビサの「Pikes」で、毎夏レジデントパーティー「Mercury Rising」を開催。同パーティーのオフィシャルコンピレーション第2弾となる『DJ Harvey Is The Sound Of Mercury Rising Vol II』を今秋リリースした。
親日家としても知られるDJハーヴィー。1989年の初来日以降30年にわたり、全国のクラブやフェスに出演。国内最大級のダンスミュージックポータルサイトClubberiaの年間アワードでは、ARTIST/PARTY/NEWSの主要3部門を席巻。2016年には日本を代表する野外音楽フェス「Fuji Rock Festival」20周年の大トリも飾り、今春は「Rainbow Disco Club」10周年のヘッドライナーとして登場。絶対王者たる圧巻のプレイでオーディエンスを熱狂の渦に巻き込んだ。


翌週は京都METROで開催されるSLOWMOTION x HOMESICKにセイント先生がご降臨!


SLOWMOTION x HOMESICK
img482_20191130SLOWMOTION.jpg
2019.11.30.Sat SLOWMOTION x HOMESICK @ KYOTO METRO
Guest DJ: DJ Hattori
Resident DJ: MOODMAN, Minoda, Sports-Koide, Kazuma, dj colaboy
VJ: CRACKWORKS
PA: Naoya Tokunou
Food: 六甲山系ピカソ

東京の名パーティー「SLOWMOTION」とCITY派パーティ「HOMESICK」の合同企画『SLOWMOTION×HOMESICK』!今回もMOODMAN、 Minoda、Sports-koideのお馴染み[SLOWMOTION]クルーに加え、ゲストにPigeon Recordsのバイヤーとしてもお馴染みDJ Hattoriを招聘!さらに迎え撃つは京都勢も世界に誇るサウンドマイスターKazuma、そしてHOMESICK主催のdj colaboy、そして今宵のもう1人の主催にして当夜のサウンドエンジニアも務めるNaoya Tokunouという最強ラインナップでお送りします!

SLOWMOTION
90年代中ごろ、東京青山MANIAC LOVEにて徐々にピッチが上がっていくTECHNOやDRUM'N BASSに対し、カウンターとして開かれた遅いDEEP HOUSE/TECHNOのパーティー。MINODA、MOODMAN、YOGURT、三田格等、がスローなナンバーをプレイするが、店長に怒られ一休み。00年代の前半、Sports-koideを加え、復活するもMANIAC LOVEは閉店。その後は、都内の箱を転々としながら不定期開催。10年代に入ると、初期の客だったMC.sirafuが合流し、LIVEに片想い、VIDEOTAPEMUSIC、うつくしきひかりを招いて、神戸旧グッゲンハイム邸などで開催。現在は東高円寺GRASSROOTSなどで不定期開催。京都METROでのSLOWMOTION×HOMESICKの開催は今年で5年目となる。


12月突入後パツイチ目の金曜日は名古屋の将軍様が率いる2YSがカラクタディスコにて開催!名古屋の将軍様セイント先生ダーウチパイセンで2YSです!おっとよく見ればフライヤーにはCAVEが見えるかな!?さらに光の輪郭が・・・シモネッ・・・ティ・・・に見えるかな!?君の郷里は何県かな!?


2YS
img484_20191205_2YS.jpg
2019.12.06.Fri 2YS @ KALAKUTA DISCO
DJs: HATTORI (PIGEON RECORDS), yusuke uchida (LOVE), 将軍


以上いかがでしょうか?それでは今日の一曲でドロンと逝き増す化♪ズンッズンッ。



ジョンピー!

by SBT

10月!ZセイントことDセイントとセイント先生がご降臨でさらに名古屋がベルリンにー!?

こんにちは。GonnoさんのMixとTrinidadian DeepのEggunが最高な昨今、先ずは10月の夜の帳情報!なんと10周年を迎えるTribe Recordsを主宰するZepherin Saint(以下Zセイント)ことDean Zepherin(以下Dセイント)がMagoにご降臨!もちろんセイント先生もご降臨!以前ZセイントことDセイントがMagoにご降臨されたのは当店が10周年を迎えた2017年8月のBCであったと記憶しておりますので、これは大局の流れが輪郭を見せることを示唆しているのだとしたらー!?ううー・・・頭が痛いー・・・皆の衆はご自身の幽霊で確認してきてくれー・・・さらにー・・・Akirahawksさんが再びMagoはMargaritaにご降臨!ってことはー・・・一年のうち何度か訪れることがあるという名古屋がベルリンになる日がこの日なのかー!?ううー・・・頭が痛いー・・・皆の衆はご自身の幽霊で確認してきてくれー・・・ドーン!


Zepherin Saint Tribe Records 10th Anniversary
img477_20191019ZepherinSaint.jpg
2019.10.19.Sat Zepherin Saint Tribe Records 10th Anniversary @ Club Mago
DJs: Zepherin Saint (Tribe Records), Hattori, Jaguar P, hiroyuki
2nd Floor: HARUNA, Kumechang, sugiyan westwood, yukari

Zepherin Saint -Tribe Records-
DJ/プロデューサーとしてでなく、伝説のハウス専門レコードショップBlack Market Recordsのマネージャー業にも携わり、ロンドンのシーンにおいて重要な役割を担っていたZepherin Saint。ハウスシーンからしばらくの間距離をおいていた彼だが、2009年に再活動とともに発表したEP「Circles」がスマッシュヒット。彼のレーベルTribe Recordsは現在、アフロ/ソウルフルハウスの最注目レーベルとして揺るぎない地位を確立している。シーンの現状を見据える審美眼、変化を恐れない姿勢、素晴らしい音楽を信じる力強さは、レーベル運営/楽曲制作だけでなくDJにおいても一貫している。前回のマーゴでのプレイも、アンダーグラウンドなハウスダンサーをも熱狂的な渦に巻き込んだ。その彼が今回再び来日し、マーゴに再登場。彼がロンドンのハウスシーンを代表する存在であることは明白だ!


Margarita feat. Akirahawks
img478_20191026AkiraHawks.jpg
2019.10.26.Sat Margarita feat. Akirahawks @ Club Mago
ROOM1: Akirahawks, Hattori, Tanakadisco
ROOM2: RAY (Manos), YAGINPOS (Manos), 五十嵐 (Martarita), sugiyanwestwood, longnan, tamachanmann

AKIRAHAWKS -House Mannequin / from Berlin-
ベルリンを拠点としながら著名なTresorやBerghain、Lab.oratoryといったインターナショナルなクラブに出演。そしてRon Hardyの再来とも称され、ベルリン地下を騒がせたシーンのカリスマMr. Ties主催の世界最高峰名物ナイト『Homopatik』といったローカル御用達のパーティーなど、様々なオーディエンスを巻き込みながら、スペーシーでファンキーなディスコ/ハウスのデカダンスを繰り広げる。また、リエディットとしてもユニークな、相棒Shingo Suwaとのレーベル〈House Mannequin〉では、自身のDJプレイにも反映されるロウでオルタナティヴなディスコ/ハウスをリリースしており、その中にはTakimi Mannequinとして瀧見憲司も参加している。プロデューサーとしてはShingo Suwaとのプロジェクト「Love Comedy」でのリリースを始め、Mr.Tiesとのコラボレーションでレーベル版〈Homopatik〉からもリリースを果たしている。ロンドン、パリ、ロッテルダム、東京など、国際的な活動を見せるも、ホームのベルリンでは普段はラインナップに載らないローカル・パーティーに出没する隠れた名DJとして知られている。


11月に突入したらHell YeahのMarco Galleraniが再びバレアリックがとまらないにー・・・!


バレアリックがとまらない
img480_20191103.jpg
2019.11.03.Sun Before Holiday バレアリックがとまらない@Live & Lounge Vio
DJs: MARCO GALLERANI aka PEEDOO
OHTAKE/HATTORI/AGO/YOSHIM-RIOT


以上いかがでしょうか?それでは今日の一曲でドロンと逝き増す化♪ズンッズンッ。



ジョンピー!

by SBT

9月!solfa 11th Anniversary PartyとFusionがございまっせー!

こんにちは。The Gerogerigegegeが最高すぎて毎日聴いて癒し高まりタ   直行   1マ    2マ    五輪直行、9月に突入、ついにPowderさんのシンナーグルーヴからAudi.のGCRUのAGRのSonic WeaponさんとK-LINEさんのタイトルもスリーブカラーも最高なGが10月にリリースされるとのことで来月がとても楽しみになった昨今、まずは9月の夜の帳を楽しんで頂きたく早速情報投下へと至らせておくんなまし!ドーン!


solfa 11th Anniversary -DAY1- "bamboo" supported by ballaholic
20190913Solfa1.jpg
2019.09.13.Fri solfa 11th Anniversary @ solfa nakameguro

-ROOM 1-
boys be kko (Kids Return / Atomnation) -LIVE-
Gonno (WC / Merkur / mule musiq / International Feel)
Hattori (pigeon records)
KEIHIN (Prowler)
Tyme. / Tatsuya Yamada (焚火dub) -LIVE-
YOUFORGOT (UGFY)

-ROOM 2-
nutsman
Kengo (Block Party)
FAT PEACE (bamboo)
Automat (DAIZEN & Hiroki Nakamura & TERA)
Bungo (Restless)


今週末は出演者が豪華すぎる中目黒solfaの4日間に渡り開催される11周年記念パーティーがございます!このパーティーのDAY1に名古屋からはセイント先生が遠征ご降臨!岐阜からはnutsmanさんが遠征ご降臨です!

お次は翌週の祝日前日曜日!Tama SumoとLakutiをセイント先生とYD君が迎え撃つFusion!


FUSION feat. TAMA SUMO & LAKUTI
20190922TAMASUMO_LAKUTI.jpg
2019.09.22.Sun FUSION @ CLUB MAGO
SPECIAL GUEST DJ:
TAMA SUMO (OSTGUT TON) & LAKUTI (UZURI RECORDINGS)
DJs: HATTORI, YD

世界のクラブシーンを刺激し続けるベルリンのクラブ:Berghain & Panorama Bar。その創世期からベルリンにて独自のハウスシーンを創り出した張本人ベルリン最重要DJ TAMA SUMOと彼女のパートナーでもあり、UZURI Recording & Bookingsの代表も務めるDJ LAKUTI。TAMA SUMO の最も好きな日本のVENUEとして挙げられている名古屋MAGO にて2人揃ってのプレイ決定です!


以上いかがでしょうか?それでは今日の一曲でドロンと逝き増す化♪ズンッズンッ。



ジョンピー!

by SBT

8月!まだまだBCとSTOMP!が控えておりまっせー!

こんにちは。Wigflex x MagicwireのLiveパフォーマンスからカットされたChampagneが仙境からの響きだった思い出のRoss From FriendsがBrainfeederからドロップしたコンセプト及び制作背景からして最高すぎる新作に完全染められてる昨今、8月の夜の帳はまだまだ終わりません!BCとSTOMP! feat DAZZLE DRUMSが控えてます!ドーン!


BLACK CREAM
20190824BC.jpg
2019.08.24.Sat BLACK CREAM @ CLUB MAGO
DJs: BLACK CREAM DJs


20190824バレアリックがとまらない


BCにセイント先生はもちろんご降臨!さらになんとEBINA MIDDLEさんがご降臨とのこと!BCは11月か12月まで開催がないらしいので今回が終わったら少し間が空いてしまうので今回行っておいた方が後々いいかなと思うのできっと今回は遊びに行った方が同日MAGOのお隣Vioで開催されているバレアリックがとまらないでも遊べますしこれにはYoung MarcoがYouTubeで演奏動画を見たことがきっかけでSafe Tripからアーカイヴ音源がリリースされるに至った双子デュオSatoshi & Makoto (Sound Of SpeedからリリースされるSatoshiのソロ作品Semi-Vintageも楽しみである!)とSink Inが最高だったind_frisがLive出演するようですしハシゴしてどっちも楽しんじゃうプランはいかがでしょうか!?


STOMP! feat DAZZLE DRUMS
20190831STOMP.jpg
2019.08.31.Sat STOMP! @ CLUB JB's
DJs: DAZZLE DRUMS, hiroyuki, TAIHEI & HATTORI

Dazzle Drums
NagiとKei Suganoの2人組ユニット。それぞれが90年代からDJ活動を開始。ダンス / ハウスクラシックスを軸に幅広い選曲で新譜を織り交ぜプレイする。2005年より楽曲制作を開始。King Street Sounds、Centric Music、Tony Records、Nulu Electronic、Tribe Records, BBE Musicなどこれまで数多くの海外レーベルからリリースを重ね、Danny Krivit、Joaquin Joe Claussell、Louie Vega、Tony Humphries、DJ Nori、DJ EmmaやTim Sweeneyらがプレイし、幅広いDJからの評価を獲得。2010年、自主レーベルGreen Parrot Recordingを始動。2014年、1stアルバム"Rise From The Shadows"をリリース。2016年、Louie VegaファミリーAnane VegaのレーベルNulu Electronicから2ndアルバム"Concrete Jungle"をリリース。同年7月Gilles Peterson主宰、南フランスSeteで開催されるWorldwide Festivalに出演、12月Ray-Ban x Boiler Roomに出演。2017年、Mix & Compilation CD "Music Of Many Colours"をリリース、同名のパーティーをContactで始動。同年7月ヨーロッパツアー、10月アムステルダムADE出演。2018年7月2度目のWorldwide Festival出演を皮切りにヨーロッパ5カ国6都市をDJツアー。レギュラーパーティーは毎月第二日曜日夕方開催Block Party @ 0 Zero。


以上いかがでしょうか?それでは今日の一曲でドロンと逝き増す化♪ズンッズンッ。



ジョンピー!

by SBT

8月8日はFusion feat. DAN SHAKE -Pigeon Records 12th Anniversary Party-がございまっせー!

こんにちは。ウェザオールがプレイしていたLlewellynのちょっとVulture系な泣きの一曲These Days (Don't Make Me Wait)のフィジカルリリースが待ち遠しい昨今、7月はBCがお休みでしたので8月8日の夜の帳情報、そう、そうなのです、8月8日でPigeon Recordsはオープン12周年を迎えるのであります!少し早いですが、服部さん、ヒロミさん、12周年おめでとうございます!これもひとえにいつもご愛顧頂いている皆様のお陰です。ありがとうございます!皆様、これからもPigeon Recordsをご愛顧頂けますよう宜しくお願いします!というわけで早速Fusion feat. DAN SHAKE -Pigeon Records 12th Anniversary Party-情報をドカンと一発打ち上げさせておくんなましー!ドーン!


Fusion feat. DAN SHAKE -Pigeon Records 12th Anniversary Party-
img470_20190808DanShake.jpg
2019.08.08.Thu FUSION feat. DAN SHAKE @ CLUB MAGO
GUEST DJ: DAN SHAKE
DJs: HATTORI, YD

Dan Shake -Shake/Lumberjacks in Hell/UK-
近年で最も活躍しているUKのアーティストの一人であるDan Shakeがマーゴ初登場!Dan Shakeはロンドンを拠点にするアーティストで、2014年にMahogani Musicからリリースされた”3AM Jazz Club”でまたたく間にシーンに名が広まって以降も、自身のレーベルであるShakeやLumberjacks in Hellなどから多くの作品をリリースしてきた。2017年には日本やオーストラリアを含めて世界中でパフォーマンスを披露し国際的なキャリアを歩んでいる。Dimensions Festival​のクロージングセットをまかされたり、Jeremy Underground​、Jamie 3:26 、Marcellus Pittman​などとのB2Bセットも披露してきた。2018年にはBoiler Roomに出演し大きな話題となり、ロンドンのラジオ局Rinse FMでは毎月のレギュラー番組を持つようになった。今回は名古屋の人気レコードストアーPigeon Records 12th Anniversary Party-とのコラボレーションによるパーティー!!!


Dance ManiaしばりのMixも最高だったDan Shakeをセイント先生とYD君が迎え撃つFusion!これは周年記念にふさわしいスペシャルな一夜となるのは必至です!皆様楽しんできちゃってちょーだいませませー!

以上いかがでしょうか?それでは今日の一曲でドロンと逝き増す化♪ズンッズンッ。



ジョンピー!

by SBT