天国注射の昼に・・・くっついたら、安心!?

こんにちは!ヨルバ・ナイトを経て、トロトロのリバーブに浸かりながらちょっとキツめのファズで脳みそを揺らした昨今、2月も終わりお楽しみの3月に突入しそうですね。ここで、何故3月がお楽しみであるかと申しますと、FollakzoidのIIIとMoon DuoのShadow of the Sunが出るからなのであります!ウッホウッホ!しかし!そんなことより!3月突入前にパライソさ行くだよ!そう!昇天の蓋然性が高いあのLOCOMOODが再び・・・ドーン!


LOCOMOOD feat. BLACK COFFEE
20150228LOCOMOODa.jpg
2015.02.28.Sat LOCOMOOD @ CLUB JB's
DJs:
BLACK COFFEE (from SOUTH AFRICA)
HATTORI (BLACK CREAM / PIGEON RECORDS)
APOLLO (BLACK CREAM)

SOUND DESIGN BY ASADA
COFFEE: TRUNK COFFEE
WINE: THREEE

Black Coffee (South Africa)
本名Nkosinathi Maphumulo。南アフリカ・クワズール・ナタール州のダーバン生まれ、同国イースタンケープ州のマサータという町で育つ。大学では音楽を学びジャズを専攻した。
2003年のRed Bull Music Academyに選ばれたことをきっかけに、南アフリカのDJ シーンに躍り出て以来、精力的に活動を続けてきた。
2005年にはデビューアルバム”Black Coffee”をリリースし、更には自身が旗揚げしたレーベルをスタートする。
2010年にはTimmy Regisford、Danny Krivit、Joe Claussell、Louie Vega等がパワー・プレイした至極のヴォーカル・ディープ・ハウス"Superman"もリリース。
更には同年、ヨハネスブルグのショッピングモール内で行われたチャリティイベントにて、右腕のみでの60時間ノンストップのDJプレイギネス記録へのチャレンジを決行し、片腕のDJによる60時間ロングプレイでギネス記録を獲得した事でも話題となった。
SAMA (South African Music Awards) でベストダンスアルバム賞を受賞した2009年リリースのアルバム「Home Brewed」が示すとおり、DJ兼プロデューサーであるBlack Coffeeは、従来の音のあり方に対峙している。 控えめで洗練された、ノリの良いアフロハウスや演出された高揚感といった特徴は、本物のアフロポリタン・ハウス、すなわちアフリカの地でじっくりと熟成され た、それでいてトレンドセッターとしての要素が垣間見られ、流行や未来の音の姿を見据えたサウンドだ。
立体感のあるバランスと美しい旋律をぜひ堪能してほしい。そして卓越したクリエイティブな才能を発揮する彼が創り出す音は、ファミリーという小さな単位から、コミュニティー、仲間同士、文化、国、そして世界という大きな規模に至るまで、幸福感をもたらしている事に、疑いの余地はない。


BCの来日名古屋場所でBCクルーが迎え撃ちということでセイント先生もご降臨!さらに!今回の来日はRed Bull Music Academyの一環ということで名古屋ではパーティー前にBlack Coffee本人の貴重なレクチャーまでも行われる模様!Black CoffeeはRed Bull Music Academyの2003年卒業生なんですね。ちなみにレクチャーは招待制なので詳細はオフィシャルサイトをご確認くださいませ!
これはヨルバ・ナイトに続いてシータマの髄まで楽しめますね!皆様2月も最後まで駆け抜けちゃってちょーだいませませー!

なお、今月はMagoのBCはお休みです!その分3月のBCはゲストがゴイスでっせ!またブログでもお知らせしますので乞うご期待!

それでは今日の一曲!BCと言えばやはりこの曲!



ジョンピー!

by SBT