ホモパチのあの男が再びBCにご降臨でっせー!

こんにちは。某劇画家曰く人々が集うツドイまで今日も今日とてキノコダッシュしてきたアタイ、今、癒されてる。すっかり秋めいてきた昨今だけど、アタイ、今、ホモパチ夏スペMIXとAkirahawksのBoiler Roomのヤツでひたすら癒されてる!ウッホウッホ!ついでにAkirahawksと言えばSpin Kick EPもかっこいいし、House Feverが入ってるMM Discosのコンピもヤバそうですわね(サターンのEBMも)!ホモパチオフィシャルのトップ画像も最高!ウッホウッホ!ひるがえって本題!シルバーウイーク真っ只中ですが皆様はいかがお過ごしでございまひょ。なぬ!連日連夜、夜の帳を思う存分満喫しておるとな!その心意気やよし!そんな夜の帳に染まっている皆様へシルバーウイーク延長の申し出でございます!そう、今週末土曜日は9月のBCがござい!しかもゲストはベルリン・アンダーグラウンドNo.1パーティー「Homopatik」のボス、Mr Tiesでっせー!ドーン!


BLACK CREAM feat. MR TIES
20150926BCa.jpg
2015.09.26.Sat BC feat Mr Ties @ Club Mago
DJs:
Mr Ties(Homopatik/Berlin)
Hattori
Apollo

Mr Ties -Homopatik from Berlin-
今年28才になる若きイタリアンDJ、Mr Tiesは、2010年5月にBerlinでスタートさせたParty、Homopatik(毎月第3金曜の夜中から翌土曜の夜まで通常22時間)の圧倒的な成功が評判を呼び、今やテクノ、ハウスDJ Party界のブライテスト・スターとしてヨーロッパ全土のクラブ界の注目を一身に集めている存在である。(来年前半までのスケジュールはほぼ埋まっているそう)。彼のDJは3台のターンテーブルとロータリー・ミキサーを自由自在にあやつり、直感的かつ肉体的な瞬発力と持続力を合わせ持ったアナログ・ダンスフロア・マジックを8時間以上持続させるエネルギーと突破力に満ち溢れた、非常にダイナミックでスケールの大きいものだ。作品はHomopatik、Homophilics(Robert&Blind”Too Much Talks”はKenji TakimiのMIXCD”XMIX3”にも収録)レーベルからの2枚の12inchリリースがあり、2015秋にも新作がリリース予定だが、近年多いプロダクション・ベースのアーティストDJと異なり、Partyの現場から叩き上げでのし上がって来たMr TiesのDJ/Partyコントローラーとしてのスキルと情熱は、ルーティン化したクラブ、DJ界の現場に新たな熱とインパクト、視点、そして感動を与える事は間違いないだろう。その存在感は”新世代Berlinのラリー・レヴァン”と称され、生粋のパーティー・ピープルからクラブ・ビギナーまで新旧様々な幅広い層からの支持を集め続けている。そんな彼の2度目のJapan Tourに俄然期待は高まる。


再びBCクルーとMr Tiesの共演が実現!もちろんセイント先生も居る!昨年の来日時はAM11:00まで続いたそうなので今回もフロンティア到達は確実ですね!皆様、シルバーウイークの延長戦はBCで締めちゃってちょーだいませませー!

それでは今日の一曲!BC feat. MR TIESが待ち遠しいアナタへハウスフィーバー!



ジョンピー!

by SBT