FC2ブログ

11月!DJ HARVEY来日名古屋場所はセイント先生もご降臨!セイント先生遠征情報も有!

こんにちは。私、PPTVさんの各種作品がとても好きでございまして此度、PPTVさんがプロデュースをされた『アルプス(山い)』 MC LAS × 鎮座DOPENESSを聴きもうしましたところ胎動まるでファラさんよろしくリジョイイいーいー山いーいーでメザニン仙境に至った。他方、RAのMixがPowderさんで即座にメザニン仙境至った。再び。アルプス(山い)のクレジットにCJさんの名を見て秘密の花園/夢を久しぶりに聴いた。DJ威力も聴いた。昨今、VioサイドもどえりゃあえらいことになっとるがねHの名古屋場所夜の帳情報が届いとるが問いは至るところ何処かー!?ということかー!?無形→有形→無形のサイクルは真理かー!?という意思(仮)にお伺いを立てる必要がありそうだー・・・・・よろしくお願いします!ドーン!


DJ HARVEY 30TH ANNIVERSARY TOUR OF JAPAN
img481_20191122.jpg
2019.11.22.Fri DJ HARVEY @ CLUB MAGO
DJ: DJ HARVEY (HARVEY SACASTIC DISCO), HATTORI (BLACK CREAM)
SOUND: ASADA (AIRLAB)
LOUNGE VIO SIDE:
DJ 吉沢dynamite, DJ NOTOYA, DJ MIHARU, OHTAKE

DJ HARVEY
ハウス、ディスコ、バレアリックシーンのカルトリーダー、そしてDJとしてもっとも神の領域に近い男と称されるリヴィングレジェンド、DJ Harvey(DJハーヴィー)。ローリングストーン誌は彼を「DJ界のキース・リチャーズ」と評し、世界に君臨するDJトップ10に選出している。
1980年代半ばのロンドンでDJキャリアをスタート。セカンドサマーオブラヴの狂騒の中、悪名高きDIYパーティー集団「Tonka Sound System」のクルーとして名を馳せ、ニューヨークの伝説的クラブ「Paradise Garage」のレジデントDJであったラリー・レヴァンも出演した自身のパーティー「Moist」で、DJとしての評価を不動のものとする。1990年代に「Ministry of Sound」のレジデントを務め、2002年にロサンゼルスに移住。LAアンダーグラウンドの聖地として、世界中からハードコアなダンサーたちが集うウェアハウスパーティー「Harvey Sarcastic Disco」を開催して、レフトフィールドなディスコやバレアリック復権への大きな流れを作った。また、当時発表した不朽の名作『Sarcastic Study Masters Volume 2』は、世界最大の中古音楽市場「Discogs」で、ミックスCDとして史上最高額となる500ドルの値が付けられている。
2010年にアメリカ国外への渡航が可能になると、世界中からオファーが殺到。奇跡の再来日を果たした2010年GWのジャパンツアーでは、全国12都市を回りロックスター顔負けの1万人以上を動員。母国イギリス・ロンドンでの凱旋パーティーは、チケット発売後わずか1分でソールドアウトを記録し、世界最高峰のクラブ「Berghain/Panorama Bar」や世界最大級のフェス「Coachella」などにも出演。2015年からは、ワム!の名曲「Club Tropicana」のミュージックビデオのロケ地にして、クイーンのフレディ・マーキュリーが伝説のバースデーパーティーを行ったホテルとしても知られるイビサの「Pikes」で、毎夏レジデントパーティー「Mercury Rising」を開催。同パーティーのオフィシャルコンピレーション第2弾となる『DJ Harvey Is The Sound Of Mercury Rising Vol II』を今秋リリースした。
親日家としても知られるDJハーヴィー。1989年の初来日以降30年にわたり、全国のクラブやフェスに出演。国内最大級のダンスミュージックポータルサイトClubberiaの年間アワードでは、ARTIST/PARTY/NEWSの主要3部門を席巻。2016年には日本を代表する野外音楽フェス「Fuji Rock Festival」20周年の大トリも飾り、今春は「Rainbow Disco Club」10周年のヘッドライナーとして登場。絶対王者たる圧巻のプレイでオーディエンスを熱狂の渦に巻き込んだ。


翌週は京都METROで開催されるSLOWMOTION x HOMESICKにセイント先生がご降臨!


SLOWMOTION x HOMESICK
img482_20191130SLOWMOTION.jpg
2019.11.30.Sat SLOWMOTION x HOMESICK @ KYOTO METRO
Guest DJ: DJ Hattori
Resident DJ: MOODMAN, Minoda, Sports-Koide, Kazuma, dj colaboy
VJ: CRACKWORKS
PA: Naoya Tokunou
Food: 六甲山系ピカソ

東京の名パーティー「SLOWMOTION」とCITY派パーティ「HOMESICK」の合同企画『SLOWMOTION×HOMESICK』!今回もMOODMAN、 Minoda、Sports-koideのお馴染み[SLOWMOTION]クルーに加え、ゲストにPigeon Recordsのバイヤーとしてもお馴染みDJ Hattoriを招聘!さらに迎え撃つは京都勢も世界に誇るサウンドマイスターKazuma、そしてHOMESICK主催のdj colaboy、そして今宵のもう1人の主催にして当夜のサウンドエンジニアも務めるNaoya Tokunouという最強ラインナップでお送りします!

SLOWMOTION
90年代中ごろ、東京青山MANIAC LOVEにて徐々にピッチが上がっていくTECHNOやDRUM'N BASSに対し、カウンターとして開かれた遅いDEEP HOUSE/TECHNOのパーティー。MINODA、MOODMAN、YOGURT、三田格等、がスローなナンバーをプレイするが、店長に怒られ一休み。00年代の前半、Sports-koideを加え、復活するもMANIAC LOVEは閉店。その後は、都内の箱を転々としながら不定期開催。10年代に入ると、初期の客だったMC.sirafuが合流し、LIVEに片想い、VIDEOTAPEMUSIC、うつくしきひかりを招いて、神戸旧グッゲンハイム邸などで開催。現在は東高円寺GRASSROOTSなどで不定期開催。京都METROでのSLOWMOTION×HOMESICKの開催は今年で5年目となる。


12月突入後パツイチ目の金曜日は名古屋の将軍様が率いる2YSがカラクタディスコにて開催!名古屋の将軍様セイント先生ダーウチパイセンで2YSです!おっとよく見ればフライヤーにはCAVEが見えるかな!?さらに光の輪郭が・・・シモネッ・・・ティ・・・に見えるかな!?君の郷里は何県かな!?


2YS
img484_20191205_2YS.jpg
2019.12.06.Fri 2YS @ KALAKUTA DISCO
DJs: HATTORI (PIGEON RECORDS), yusuke uchida (LOVE), 将軍


以上いかがでしょうか?それでは今日の一曲でドロンと逝き増す化♪ズンッズンッ。



ジョンピー!

by SBT