FC2ブログ

NY&Dレポ Pt.4 (Savion Glover @ Blue Note)

NY & D旅行も終盤に差し掛かり、残りの滞在ではヒップホップのライブへ行ったり、BlueNoteへ行ったり、レコード屋へ行ったり、お使いでインディーロックのレーベルを尋ねたり等、NYでの生活も少し慣れてきてぼちぼち充実した毎日を過ごせました。

中でも記念にと適当に飛び込みで行った本場NYのBlue Noteで見た、タップダンサーSavion GloverとレジェンダリージャズドラマーRoy Haynsの共演は素晴らしかったです。
NYはWest Villegeにあるジャズ・クラブの老舗Blue Noteは意外とこじんまりとした小さ目の箱。
個人的にJazzのライブを見るのにベストな大きさでした。

そんなわりと狭まめの箱で、目の前で見れたライブ・パフォーマンスはとにかく最高で、
特にタップダンサーSavion Gloverのパフォーマンスは素晴らしく、タップダンスでジャズをするという、見た目も、動きも、タップも全てが凄まじくカッコ良く、1時間くらい踊りっぱなしの体力にも驚かされるばかりでした。
Blue Noteで初めてSavion Gloverの存在を知り、帰国後にSavion Gloverを調べたのですが、タップダンス界では超有名人らしく、様々なところから引っ張りだこらしい。
Roy Hayesは見た目は派手な金のシャツを着たおじいちゃんだったのですが、かなり独特でファンキーな迫力ある演奏には度肝を抜かれました!!
皆さんもSavion Gloverを見る機会があれば是非チェックしてみて下さい。

Savion Glover & Stevie Wonder


Savion Glover & White House


Roy Hayes


そんな素晴しいライブを旅行終盤に見れとても良い思い出となりました。
NYでは毎日どこかで有名人がライブしてたり、DJしていたりする街なんですよね、
僕が帰国してからもGil Scott Heronのライブがあったり、MoodymannがBrooklynでプレイしてたり、
日本だと東京みたいなところで、プレイする側も特別みたいな、
本当活気と欲望に溢れた凄いパワーのある街という印象でした。

2週間弱と短い期間でしたが、色々と経験でき、色々な出会いもありで、なにかと勉強になった旅行でした。
本当英語が話せればと更に強く思いました。逆に英語力ほぼ0で、かなり無茶な旅行だったのかとも思った、ある意味奇跡の旅行だったのかな。

次回のBlogは旅行直後にサポートしたレジェンドDJ Victor Rosado @ Magoをレポートしたいと思います。

今日の一曲は先日他界したレジェンド・シンガーTeddy Pendergrassの名曲。
R.I.P. Teddy Pendergrass


追伸 : NY & D旅行の買い付け盤店頭に100枚くらい追加放出しました。

By Jaguar P

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)