4月!今週末はCedric Woo Japan Tour及びZiggy Funk Japan Tourにセイント先生がご降臨!

こんにちは。早速ですが4月の夜の帳情報!今月は今週末にCedric Woo Japan TourからZiggy Funk Japan Tourまでセイント先生もご降臨2daysが、あり!その後さらにファンの皆の衆にとってはお待ちかねのレギュラーBCも控えて、おろ!というわけで一気にドーン!


Cedric Woo Japan Tour
img409_20180413CedricWoo.jpg
2018.04.13.Fri Cedric Woo @ Club Mago
Line Up
Cedric Woo (Beauty and the Beat)
Hattori (Black Cream/Pigeon Records)
ayapam D.J. (WIDE LOOP/Los Mantos)
YD (Fusion/Loveland)

Coffee & Raw Chocolate
TAKURO COFFEE / HOLY LOTUS

Cedric Woo -Beauty and the Beat / London-
フランス出身、現在ロンドン在住のCedric Wooの音楽キャリアは90年代半ばに大学のキャンパス・ラジオから始まる。プロとして地元で活動する一方、その後移住したニューヨークで現在のDJ/クラブ文化の礎を築いたDavid Mancuso氏と個人的な友好を深めながらより深い音楽知識と音響機器に目覚める。2000年にロンドンに移住後は仲間達と持ち込んだヴィンテージ・アナログ機器を装備した彼のパーティ、VoicesやBeauty & The Beatを徐々にスタート。その唯一無二な音響体験とCedric Wooの幅広く熟練した選曲からロンドンのコアなレコード/オーディオ・マニア達やパーティ・アニマル達の間では”知る人ぞ知る”伝説的なアンダーグラウンドパーティとして有名になる。2005年にはシアトルでのRed Bull Music Academyに参加し、DJとして引き続きモスクワやパリを始めとした世界的な活動を展開。彼のトレードマークでもある3時間以上に及ぶロングセットはジャンルやBPMを超越し、時間と空間を超越した壮大な旅へと誘う。

Beauty & the Beat
現在ロンドンで最も活気のあるエリアのひとつ東ロンドンはハックニー地区。数年前から多くのアーティストや音楽家が集まるこの地で2003年から続く Beauty & The Beat。廃墟や倉庫跡等のプライベートな会場を貸し切り、彼等が所有するこだわり抜いた音響機器類を装備したこのパーティはロンドンのコアなレコード/オーディオ・マニア達やパーティ・アニマル達の間では”知る人ぞ知る”伝説的なアンダーグラウンドパーティとして有名。

60年代に今のクラブの青写真を築いたDJ文化の祖・David Mancusoがかつて唯一ロンドンで行っていたレギュラーパーティ Journey through The Light のクルーでもある彼等のパーティのテーマは“Deep dance music with psychedelic soul“。その名の通り、アナログの暖かくて太いオーディオ機器から流れて来るのは深くて生々しいサイケなハーモニーとソウルフルなリズム達。ディスコ、ハウス、ジャズ、テクノ、ソウル、アシッド・ロック、ファンク、レゲエ、ダブ、ダブステップ、アフロ・ビートと、時に激しく、時に穏やかに。そして時に深く、時に軽やかに、ゆっくりと展開していくその夜のストーリーをフロアで体感しているとまるで時間と空間を完全に失った宇宙船で未知への旅をしているかのように錯覚する。
text by Kay Suzuki (round in motion)


Ziggy Funk Japan Tour
img412_20180414ZiggyFunk.jpg
2018.04.14.Sat Ziggy Funk @ Club JB's
DJs:
Ziggy Funk (Rhemi/BBE/from London)
Hattori (Pigeon Records/Black Cream)
hiroyuki

Ziggy Funk(Rhemi/BBE/from London)
イギリスのロンドン出身で、マルチ奏者でもあるZiggy Funkは、幼い頃からギターを学び音楽に触れ、多くのバンドで演奏するようになり、ファンク、ヒップホップ、ジャズ、ブルース、ワールド・ミュージックなどの異なるスタイルを取り入れてきた。2011年、Ziggyは、House Musicのコミュニティから大きな反響を受け、偉大なFoliageレーベルの下で、パートナーのTaliwaと「Everyday」を発表。その後、DJ Spen主宰レーベル、Quantize Recordingsからハウス・レジェンドLittle Louie Vegaサポートのもとレコーディングされた「What You Afraid」をリリース。Ziggyはその後、Defected、Soul Heaven、Tony Recordsといった名門からも作品を続々とリリース。そしてZiggyとFanatix / Soul HeavenのNeil Pierceによるソウルフル・ハウス・シーンにおいて決定的となるデュオ・ユニットRhemiを結成。2015年には自身のレーベル、Rhemi Recordsからリリースした「Diamond」がLouie Vegaをはじめ、Kenny Dope、Danny Krivit、Tony Humphries、Karizma、Joey Negro他、錚々たる面子にプレイされ大きな話題となった。2016年にBBEレーベルからリリースされた「Red Light Syndrome EP」は、Dego率いる<2000 Black>あたりとも共鳴するクロスオーバーな仕上がりとなり、これに続くデビューアルバム「Boxer's Fracture」がZiggyにとって未来がどこに向かうのかを示した。すべてのこのエネルギーと音楽に対する感謝は、Ziggyの奥深くにあり、彼の演奏やDJのパフォーマンスを通じて素晴らしいクオリティー期待することができるであろう。


BLACK CREAM
20180421BC.jpg
2018.04.21.Sat BLACK CREAM @ CLUB MAGO
DJs: APOLLO, SE-1 & HATTORI


いかがでしょうか?それでは今日の一曲でドロンと逝き増す化♪ズンッズンッ。



ジョンピー!

by SBT

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)